WiMAXはお試しできる?

WiMAXはお試しすることができます。UQ WiMAXには「Try WiMAX」というお試しサービスを実施しております。これは無料で15日間だけWiMAX端末を貸し出してもらえるサービスです。

WiMAXでインターネットを使いたいけれど、電波が繋がるかどうか知りたいとか、実際の速度はどれくらい速いのか試したいなど、正式な契約の前に一度お試ししておきたい方に最適です。

WiMAXは2年契約と3年契約がありますが、いずれも最低利用期間があり、契約期間内に解約してしまうと違約金が発生するので、安易に契約に踏み切れない部分があります。

WiMAXお試しサービスを利用して実際にどのくらいの通信品質かを確かめることで確信をもって契約に踏み切れるので安心でしょう。お試しサービスは、契約前の不安を一掃させるためにあるようなものなので是非とも利用してみてください。

Try WiMAXは全てが無料?

UQ WiMAXの「Try WiMAX」というお試しサービスは貸出から配送料まで全てが無料です。

ただし、15日以上の返却期限を過ぎても貸出機器をご返却いただけない場合、または貸出機器を破損・紛失された場合は、本サービスの利用規約に基づき違約金22000〜22750円(税抜)をご登録のクレジットカードにてお支払いいただきます。

機器を借りたら壊さずに15日以内に返却すれば無料です。

「15日間無料レンタル」となっていますが、実際はUQ WiMAXより貸出機器が発送されてからUQ WiMAXへの貸出機器が到着するまでの期間を含めて15日間となっています。

到着するまでの期間、返却するまでの期間など合計で5日間と見積もって、実際にお試しが可能な期間は10日前後になります。

WiMAXのレンタルはクレジットカードが必要

「Try WiMAX」の申し込みには、クレジットカードが必要です。これは、端末に破損・盗難・紛失などのトラブルがあった時に違約金を請求するためです。

クレジットカードで差し押さえをされるので、万が一端末を壊したり、返さなかったり、紛失するようなことがあれば、クレジットで請求がきます。その請求漏れを防ぐために最初にクレジット情報を押さえ込んでしまうのです。

もし、クレジット情報を掴まないで貸出していたら、端末を壊されてしまった場合にいつまでも弁償をしてもらえないリスクがUQ側で生じて赤字となってしまいます。

WiMAXのサービスエリア

実際に使う予定のある場所がサービスエリア内にあるのかをUQ公式ページの「サービスエリアマップ」で確認しましょう。

エリアマップでピンクになっているところが、WiMAXのサービスエリアです。

都心部はピンクに染まっていて電波が繋がりますが、山間部などは色がついてませんので電波が届きません。電波が繋がらないエリアは人が住んでいない山奥ばかりですので、エリア外となる人は少ないでしょう。

エリア判定が「◯」の場合

エリア判定が◯の場合は、基本的に問題なく使用できるということです。WiMAX契約後に注意することは、〇はクーリングオフの対象外ということです。

一度契約してしまうと、判定が◯であっても通信ができなかったという理由で解約すると自己都合扱いで2万円近い解約金が発生します。

判定が〇でも建物が密集していたり、建物の奥、高層階・地下などは電波が届きにくい場合があります。「Try WiMAX」で、よく利用する場所で電波が繋がるか確認しておくことで「契約したけど電波が繋がらない」ということを防ぐことができます。

エリア判定が△の場合

判定が△の場合は問題なく使えるかどうか分からないため、「Try WiMAX」で実際に試さないと分かりません。△で電波が繋がるか分からない状態で契約するのは危険なことです。

実際に試して電波が入るか確認した上で契約に踏み切るのが安全です。

エリア判定が✕の場合

エリア判定が✕の場合は、WiMAXを利用することができない場所です。どうもがいても、電波は入らないので試しても意味はありません。

Try WiMAXお申込み条件

  • 日本国内に在住の20歳以上の方
  • お申し込み者ご本人様名義のクレジットカードをご登録いただける方
  • 過去180日間以内に本サービスのご利用履歴がない方、また貸出機器の未返却履歴のない方
  • その他、本サービス利用規約
    ポップアップウィンドウで開くに同意いただける方

貸出機器

440Mbps対応機種

  • Speed Wi-Fi NEXT WX04
  • Speed Wi-Fi NEXT WX03
  • Speed Wi-Fi NEXT W04

370Mbps対応機種

  • Speed Wi-Fi NEXT W03

220Mbps対応機種

  • Speed Wi-Fi NEXT WX01
  • Speed Wi-Fi NEXT WX02
  • Speed Wi-Fi NEXT W02
  • novas Home+CA

110Mbps対応機種

  • URoad-Home2+

Try WiMAXご利用の流れ

  1. 仮登録する
  2. 「Try WiMAX レンタル」最初のお申し込みは仮登録になります。

  3. 本登録する
  4. 仮登録するとすぐに携帯とPC用メールアドレスにメールが届きます。「仮登録完了のお知らせ」本文内の認証URLをクリックして本登録に画面に移ります。

    携帯メールアドレスに届いた「開通コード」を入力します。

    ※印のついている必要項目(希望の機器を選択、氏名、住所、クレジットカード情報、郵送時間など)を入力し、最下部の「確認」を押すと本登録完了です。2日後に機器が自宅に到着します。

  5. 箱の中身を確認
  6. ①モバイルwifiルーター本体
    ②充電コード
    ③つなぎかたガイド
    ④ゆうパック着払い伝票
    ⑤返却方法案内
    ⑥キャンペーンDM

これらの物があるかどうか確認します。

貸出期間の15日間とは、貸出機器を発送した日から、ご返却いただく機器の着荷日までです。地域・交通状況等により端末の到着に2、3日要する場合がございます。

  • WiMAX接続方法
  • モバイルルーター本体の裏面に「SSID」と「暗号キー」が記載されています。インターネットに接続するPCやスマホやタブレットから、無線ネットワークを検索します。

    WiMAX端末の裏面記載されている「SSID」と同じネットワーク名から探してください。見つかりましたらパスワードに「暗号化キー」の値を入力するだけで接続完了します。

  • 10日前後利用します
  • WiMAXは使用する場所や時間などによって電波や速度が変わるので、何度も場所や時間帯を変えながら試していきましょう。

    基本的には、普段使うような場所で確認していきます。WiMAXを日常で使う上で、繋がりにくかったり、速度が遅くなるようなことがないか納得がいくまで試すことで契約後に後悔することがなくなります。

    また、端末のバッテリーが自分の使い方でどのぐらい持つかも確認しておきましょう。バッテリーは、使用時間や繋げる機器の数などでバッテリーの持ちが変わります。

  • 返却方法
  • 返却方法は3つあります。

    ①窓口への持ち込み:中に入っている「着払ゆうパック伝票」に依頼主情報を記入し、郵便局やローソンなどゆうパック取扱店で手続きをする
    ②webでの集荷予約
    ③電話での集荷予約:中に入っている「着払ゆうパック伝票」に依頼主情報を記入し、0800-0800-111(携帯でも無料で利用可能)に電話し集荷してもらう
    返却手続き完了メールが届き完了です。

    Try WiMAXの注意点

    利用予定場所での通信状況の確認

    WiMAXはサービスエリア内でも電波が伝わりにくい場所(屋内、車中、地下、トンネル内、ビルの陰、山間部など)では、通信できなかったり通信速度が低下する場合があります。また、高層ビル・マンションなどの高層階で見晴らしのよい場所であってもご使用になれない場合があります。

    これらの場所で使う予定のある人は、レンタルした機器を使って実際の通信状況をよく確認してみてください。また、ルーターの置く位置を少し動かしただけでも電波が強くなる場合もあります。

    WiMAX電波の特徴

    WiMAX2+の電波は、真っ直ぐに高速で飛ぶという特徴があり、例えば周囲に大きな建物があったり、室内利用であれば鉄筋コンクリートの厚い壁があるような環境は苦手です。

    障害物を回り込んで隅々まで電波が行き渡らせるタイプの電波ではありません。

    WiMAX2+では2.5GHz以上の高周波数の電波を、LTEでは主に700~900MHzの比較的低周波数の電波を使っています。

    LTEのように低周波数の電波は曲がりやすいという特徴を持っているためビルなどの障害物を回り込んで届くことができますが、WiMAX2+のような高周波の電波は曲がりづらいので障害物を回り込むことができません。

    利用場所では速度計測をしよう

    利用する時間帯や場所、天候により電波の強弱や速度が変わります。使う予定の場所がどれくらいの速度かを測ることで、WiMAXの速さを実感することができます。

    機器の取り扱いに注意する

    機器は借り物なので自分で所有するものとはわけが違います。一番の注意点は、機器を落としたり、濡らしたりしないことです。

    外出時に機器を手に持って操作しますが、誤って落下することのないように慎重に取り扱いして下さい。また、雨が降った日は機器を持ち歩きしないことです。

    晴れていても急に雨が降ったりするので、雨具などを用意せず持ち歩くことは危険です。破損をすると2万円以上の弁償がありますので、無料レンタルではなくなってしまいます。

    クレジットカードのショッピング利用枠の上限に注意

    レンタル期間中は、返却の遅れや貸出機器を破損・紛失した場合に違約金を請求するためにショッピング利用枠を一時的に確保されています。

    何もなく普通に使用して返却するとショッピング利用枠は元に戻ります。

    WiMAXのお試しレンタルをおすすめしたい人

    • WiMAXを使ったことがなく、どの様な通信品質か確かめたい
    • 自分の住んでいる地域で電波が繋がるか知りたい
    • 自分がよく使う場所で電波が繋がるか知りたい
    • どのくらいの速度があるかを計測したい
    • WiMAX端末の使い勝手はどうか知りたい
    • 通信速度が1日中安定するのか確かめたい
    • 繋がらないエリアがあるのか探りたい

    「Try WiMAX」は、言わばWiMAXの端末とSIMカードを無料で貸し出すので、「お客様の方で実際に使って判断して下さいね」と言っているようなものです。

    WiMAXの通信品質は、キャリアのLTEの速さを凌駕するもので、スマホの通信よりも速いとされています。

    レンタルの通信品質は、本家UQの通信網を使うのでWiMAXそのものの品質の良し悪しを正確に試すことができます。