WiMAXとは何か?

「WiMAX」とは「WiMAX 2+」を指し示すことが多く、最近のWiMAXルーター機器はすべて「WiMAX 2+」に対応しています。

WiMAXとは、家でも外でも、どこでも自由にインターネットを使えるモバイル通信のことです。配線工事なしで、電源を入れたらすぐ使えるのがWiMAXの特徴で買ったその日からネットが楽しめます。

家の中で家族と共有しながら使えるのはもちろん、外に持ち出して好きなタイミングで使うこともできます。

WiMAXの名称は、「Worldwide Interoperability for Microwave Access」の頭文字をとった略称です。

WiMAXを使用できる専用機器を使用することで利用できる通信方式になっています。自宅の通信回線と変わらない高品質な回線と速度で各通信事業者が提供しているプランによっては無制限で高速通信を利用できます。

エリア制限がありますが、対応エリアなら自宅と変わらないレベルの通信を体感することができます。

WiMAXの通信はどこの会社が提供?

WiMAXはUQコミュニケーションズ(株)が提供する無線を利用したインターネット通信サービスです。現在ではいくつもの会社から提供されているWiMAXですが、その本家大元とも言えるのがUQ WiMAXです。

UQが本家としてWiMAX回線の提供元であり、GMOとくとくBBやBIGLOBEやSo-netなどのプロバイダはUQから回線設備を借りて通信サービスを行っています。

月額料金、キャッシュバック金額、解約解除料、端末代金などは、WiMAXを販売する会社により異なりますが、通信そのものは全てUQが提供する電波を使ってますので、エリアや速度や電波の強度などはどこも変わりません。

しかし、提供元のUQが本家ということもあり、通信品質が間違いなく一番良いと言えるでしょう。

GMOとくとくBBやBIGLOBEやSo-netなどは一般的に「プロバイダ」と呼ばれていますが、「販売代理店」と言った方が分かりやすいでしょう。UQがプロバイダにWiMAXを代理販売させている理由はいくつかあります。

  • UQ WiMAXは他社プロバイダにも販売を任せることでUQ自社の販売経費を削減でき結果的にUQが利益を出せる
  • WiMAX回線の販売実績によって委託料を変えることでプロバイダ(代理店)の努力を促進でき、多様なサービスが生まれる
  • 販売業者の自由競争でWiMAX回線の売上が上がり大元のUQは恩恵を大いに受ける

UQが自社でのみWiMAXを販売するよりも多くのプロバイダにも販売を協力してもらった方が販路拡大が見込めます。さらに各プロバイダ同士で価格やサービスを競わせることで、サービスの多様性が生まれ、様々なニーズに応えられお客様が満足してくれます。

プロバイダ各社でお客様が契約してくれることでがWiMAXの本家本元であるUQにも使用料が入ってきますので、利益を上げることができます。

WiMAXの特徴

家でも外でもどこでもネットが使える

ADSLや光回線などは、自宅内でしかインターネットを利用することができませんが、WiMAXは自宅内にとどまらず、外出先のカフェや公園や学校や会社やホテルなど電波の届くところなら、どこでもネットが利用できます。

「無線」によるインターネットだからどこでもできます。ケーブル不要という点も良いですね。

端末持ち運びの手軽さ

外出しても端末はコンパクトだからバッグに入れたり、ポケットに入れたりして、どこでも手軽にツイートやブログ更新ができます。

WiMAX端末のサイズはスマホより小さく軽いです。

通信をたっぷり使えて安い

WiMAXのギガ放題プランを契約すれば、月額4380円で月間無制限でネットが利用できます。スマホの場合は、データ容量が月間2GBとか3GBとか上限がありますが、WiMAXのギガ放題プランは上限がないので、1か月で100GB以上ものネットを利用することができます。

通信速度が速い

WiMAXは通信には2.5GHzの周波数帯を用いており、最大708Mbpsの高速通信なので、動画を快適に視聴したり、音楽を聴いたり、アプリのダウンロードをスムーズにできたりします。webサイト閲覧、SNSテキスト投稿や写真アップも快適です。

サービスに割り当てられた帯域が多いほか、通信高速化技術がどんどん取り入れられおり、最大速度はどんどんと速くなってきています。

スマホのLTE用SIMであれば月間データ容量が限られるので、動画を視聴できる時間に限りが出てきますが、WiMAXなら月間通信料が無制限なので、思う存分に動画を視聴し続けることができます。

ウェブサイトの閲覧やメールの送受信には下り2~3Mbps程度、YouTubeなどの動画を視聴するには下り8Mbps程度の速度があれば快適だと言われています。

WiMAXは下り最大708Mbpsの速度ですから、日々インターネットを楽しむには十分な速さです。

色んな機器がネットに繋がる

1台のルーターがあれば、パソコンやタブレット、スマホなどさまざまな機器で同時にインターネットが利用可能。さまざまな機器を家族みんなで楽しめて便利です。

工事が不要

WiMAXは工事が不要なので、工事費も掛かりません。インターネットの契約を申し込んでWiMAXルーターが届いたらその日からすぐにインターネットに繋げることができます。

引越しする際も、回線撤去・新居での新規回線工事なども必要ありません。配線不要だからお部屋もスッキリしてインテリアの邪魔をしません。

WiMAX 2+の提供エリアは、全国の主要都市に拡大中

WiMAX 2+の提供エリアは、全国の主要都市に拡大中です。幅広いエリアで高速通信をご利用いただけます。

サービスの人口カバー率が90%超と高いものになっています。サービスが提供されているエリアも日本全国です。特定の都道府県は使えないといったことはありません。

サービスエリア内でも電波が伝わりにくい場所(屋内、車中、地下、トンネル内、ビルの陰、山間部など)では、通信できなかったり通信速度が低下する場合があります。

また、高層ビル・マンションなどの高層階で見晴らしのよい場所であってもご使用になれない場合があります。

WiMAXが電波の繋がりにくいとされる原因は電波の性質などの技術的な問題と、後発サービスであるがゆえにエリア整備が遅れているという主に2つの原因があるからです。

一つ目の技術的な問題は、WiMAX2+が使っている電波の性質が原因です。電波というのは、その波が一秒間に何回振動しているかは周波数という数字で表されます。

さらに周波数の違いによって電波の性質は異なり、高い周波数の電波は曲がりにくく、低い周波数の電波は曲がりやすいという特徴を持っています。WiMAX2+は2.5GHz以上の高周波数の電波で、LTEでは主に700~900MHz(プラチナバンドとも呼ばれている)と低周波数の電波を使っています。

電波の特徴

・周波数が高い:直進性が強く、障害物に遮蔽されやすい
・周波数が低い:浸透性が強く、障害物を回り込みやすい

この周波数の違いが電波の繋がりやすさに深く関係しています。LTEのように低周波数の電波は減衰が少なく、障害物を回り込む性質があるため、遠くの場所やビル陰などにもよく届き、つながりやすいです。

一方のWiMAXは直進性の強い電波特性を持っています。そのため、高速な通信速度を実現できますが、鉄筋コンクリートの建物など、障害物に弱いので、電波が回り込みにくく、建物内では、サービスエリアとしては圏内であるはずなのに、電波を受信することができず、圏外になってしまうのです。

電波をさえぎる障害物のない場所でなければ、WiMAXを100%利用することはできないのです。ですからWiMAXは地下鉄内や大きな建物の中などは不向きと言えます。

2つ目の原因としてWiMAX2+が比較的後発のサービスであることに起因するアンテナ整備の遅れが影響しています。LTEを提供しているドコモ、au、ソフトバンクなどは古くから電波網を整備してきたので地方の山間部や地下鉄にも電波を広く届けることができますが、比較的新しい規格であるWiMAX2+はそれらの会社よりも遅く後から参入してきたので、エリア整備は必然的に遅れていて発展をまだまだ遂げる余地がある段階です。

主にこれら2つの原因により、WiMAX2+の電波が通じるエリアがLTEと比べて狭いと言えます。

それでも山奥や田舎などWiMAXの電波が入らない場所では、au 4G LTEに切り替えれば使えるので、旅行などで短期的に電波が届かないエリアに滞在する分には心配ありません。

ただ、WiMAXの電波が届かない場所に長期滞在したり、頻繁に行ったりするとなると、LTEは月間7GBまでと上限があるので、WiMAXそのものは活かしにくいです。