Huawei製のモバイルWi-Fiルーター「Speed Wi-Fi NEXT W05」が2018年1月19日に発売しました。

W05は最高速度は558Mbps(LTE高速モードで708Mbps)でWiMAX全機種中最速です。それに加えてLTEモードで最高速度708Mbps通信に対応しておりスペックが圧倒的に高く、全機種では現在最もおすすめできます。

「Speed Wi-Fi NEXT W05」の特徴

最大通信速度が708Mbpsと光回線並みの速い

製品名W05WX04W04
メーカーHuaweiNECHuawei
発売日2018/1/192017/11/ 12017/2/中旬
下り最大通信速度558Mbps
(LTE使用時708Mbps)
440Mbps558Mbps
(LTE使用時 708Mbps)

「W05」の前機種である「W04」も下り最大通信速度が708Mbpsとなっていました。今回の「W05」も「W04」と同じ速度で速いです。

この速度は、現在発売されているポケットWi-Fiの中では最速になります。WiMAXでもっとも重要なのが通信速度が速いかどうかです。この「W05」は最新機種かつWiMAX全端末ので一番速いのです。

「W04」と速度は変わらないかもしれませんが、「W05」は最新機種です。同じ速度でも最新機種の方が当然に性能は良くなっています。

ちなみにW04とW05の下り最速708Mbpsというのは、ハイスピードプラスエリアモード(au 4G LTE回線の利用)にした時に、東京、大阪、愛知の一部エリアのみとなります。

「WX04」は、440Mbpsで「W05」の558Mbpsからすると118Mbpsも最高速度が遅くなってしまいますので、「W05」を選択した方が断然良いと言えます。

「au 4G LTEモード」に対応

製品名W05WX04W04
メーカーHuaweiNECHuawei
発売日2018/1/192017/11/ 12017/2/中旬
au 4G LTE対応

「au 4G LTE」にも対応していますので、au通信網を利用した通信も可能です。WiMAXが地方などで電波が繋がりにくいエリアで使う場合は「au 4G LTE回線」を使用して通信が可能になります。

通信可能エリアも順次拡大しているwimaxは、大都市圏内ではほぼ問題なく通信可能ですが、地方へ行くとエリア外になることもあります。

出張の多いビジネスマンや全国各地を旅行する人などにとって、行く先々で圏外になると不便ですが、W05には、高速通信を実現する「WiMAX 2+」の通信エリアの他に、国内人口カバー率98%超と通信エリアの広い「au 4G LTE」に対応しています。

wimax2+のエリア外でもau 4G LTEモードで通信が可能です。

「au 4G LTE」は、タッチパネルから簡単に切り替え操作ができます。電波が弱いエリアへ旅行などして、万が一繋がりにくい時は重宝します。

サイズが薄く軽い

製品名W05WX04W04
メーカーHuaweiNECHuawei
130mm111mm53mm
高さ55mm62mm130mm
奥行き12.6mm13.3mm14.2mm
重量131g128g140g
薄さ12.6mm14.2mm13.3mm

薄さは最も薄い12.6mmとなっています。ズボンのポケット、ブレザーの内ポケット、バックの隙間などにスマートに入ります。

WX04と比較して高さが19mm大きくなりますが、その分として厚みが薄くなるので、ポケットの出っ張り感が軽減されます。

W04では縦型で使えるのがメリットでしたが、W05になり従来通りの横型に戻りました。W05では本体が薄くなり、軽くシャープなフォルムになりました。

WiMAXは、外出する時もインターネットが使える端末なので、持ち運びやすさは重視されます。W05は薄くて軽くフォルムも洗練されているので、持ち運びには最適となりました。

上り速度が従来機種より2.5倍にアップ

製品名W05WX04W04
メーカーHuaweiNECHuawei
発売日2018/1/192017/11/ 12017/2/中旬
上り最大速度75Mbps30Mbps30Mbps

従来の「WX04」「W04」は、上り最大速度30Mbpsでしたが、「W05」では上り最大速度75Mbpsまで上がっています。

W04でもハイスピードプラスエリアモードはありますが、適用されるのは下りのみです。上りも重視したいという場合にはW05一択となります。

インターネット回線の上りとはアップロードの速度のことです。主にコンテンツの発信をするときに使うのが上り回線となっています。

  • 作成した動画のアップロード
  • メールの送信
  • SNSつぶやきの送信

など上りの速度が速ければこのアップロードに時間がかからず、自分が作ったコンテンツをスムーズに送信することができるようになります。

写真や動画のアップロードが高速化すると、Instagram、Facebook、Twitter、Youtubeに投稿する動画や写真などが、よりサクサクと快適にアップすることができるようになります。

ブログやSNSや動画サイトに写真を載せる際の通信やメールの送信スピードが従来機種に比べて2.5倍以上に速くなったと言えます。これは情報発信をするユーザーにとっては大事なポイントです。

W04やWX04などからW05に機種変更すると、上り通信の速度が約2倍になる可能性があり、重たいファイルをアップロードすることが多い方にとってはかなりスムーズな通信を体感できることでしょう。

特に動画アップは時間がかかりますが、アップ完了までのスピードが2.5倍ともなると雲泥の差ですので、スムーズにアップしたいなら「w05」が良いです。

バッテリーは「w04」より劣る

製品名W05WX04W04
メーカーHuaweiNECHuawei
ハイパフォーマンス6時間30分8時間6分6時間30分
バッテリーセーブ10時間30分13時間48分10時間30分
au 4G LTE9時間10分8時間9時間10分
連続待受時間850時間700時間850時間
電池容量2,750mAh3,200mAh2,750mAh

WX04はハイパフォーマンスモードで8.1時間、W05とW04は6.5時間となりますので約1時間36分変わります。速度重視ならばW05、バッテリー重視ならばWX04の方となります。

W05は旧機種W04からバッテリー容量は進化なしの2750mAhです。最近スマホでも3000mAhオーバーが多いのでちょっと少なくいです。それに対してWX04はバッテリー容量が3200mAhと多く交換も可能です。

電源がない旅行先などへ持っていくときはWX04が有利です。

製造元はHuawei社

W05の製造を行っているのは、スマートフォン分野で急成長を見せたHuawei社です。最近、HuaweiのSIMフリースマホが低価格ながらに高機能とあって価格.comでも常に上位にランクインしています。

もともと携帯基地局インフラなどを手掛けている同社は、モバイル関連テクノロジーを武器に世界的大企業へと躍進したグローバル企業です。

旧モデルであるSpeed Wi-Fi NEXT W04に引き続き高性能な端末を世に生み出しました。

WiMAXは国産のものが良いという先入観がある方もいてWX04の方に気持ちが傾きがちですが、WiMAXのルーターは、販売時期の新しい機種の方が細かな機能も含めて改善・改良がされておりますので、発売が新しい端末を選ぶと良いです。

なお、比較的新しいWiMAXルーターは、原則としてW〇〇(W+数字)の機種がHUAWEI社製、WX〇〇(WX+数字)の機種が国産のNEC社製となっています。

カラーデザインが美しい

W05は白と黒×ライムグリーンの2種です。特に黒×ライムグリーンのW05は、スポーティでスリムな印象のある配色です。

持っていると周りから注目を集めそうなデザインで、今までにない洗練された気品のある配色です。

W05はW04から何が進化したか?

W05にWi-Fiお引っ越し機能という新機能が追加されました。

これまで利用していたWi-FiルーターのSSIDと暗号化キー(パスワード)を、本製品に引き継ぐことができる機能です。本機能を使うことにより、スマートフォンやタブレットなど接続機器側で再設定をする必要なく、そのまま利用することができます。

スマホ、タブレット、パソコン、テレビなどWi-Fi設定をしていますが、モバイルルーターが変更になると引っ越しが大変ですが、W05のお引っ越し機能が使えれば便利です。