WiMAXの通信品質はどこも変わらない

WiMAXサービスは様々なプロバイダが提供していますが、その通信サービスを日本に構築したのは「UQコミュニケーションズ」です。ということはUQ コミュニケーションズが提供しているUQ WiMAXが本物と言えます。

他のWiMAX(GMOとくとくBB・So-net・BroadWiMAX・BIGLOBE)などは、「UQコミュニケーションズ」からWiMAXの回線を借りているだけです。

他社プロバイダは、いわゆるWiMAXの「販売代理店」なのです。WiMAXの通信網を所有・提供しているのは、「UQコミュニケーションズ」という会社です。

そのため、さまざまな事業者が自社ならではのサービスを合わせて、WiMAXを提供しています。現在プロバイダによって2~4万円のキャッシュバックや、月額割引キャンペーンを実施していたりします。

同じWiMAX回線でありながら会社によって月額料金や総額料金に差は出ているのです。

MNO・MVNOとは?

本家UQ以外のWiMAXを扱っている業者を「MVNO(プロバイダ)」と呼びます。

MVNOは、Mobile Virtual Network Operator(仮想移動体通信事業者)の略で、携帯電話などの無線通信インフラ(ケータイやスマホに電波を送るための基盤のこと)を他社から借り受けてサービスを提供する事業者のことです。

「MVNO(プロバイダ)」は、UQ WiMAXから借り受ける形で運用をしています。WiMAXのプロバイダは窓口的な役割だけを担っているに過ぎないのです。

WiMAX2+の速度やエリアは、どのプロバイダでも一緒と言われるのは、こうした事情があるからなのです。WiMAXのどのプロバイダも全てUQ WiMAXから借り受ける形になっており、回線を持っているのはUQ WiMAXのみです。

これに対してMNOは、国から電波の割り当てを受けて、自社で通信回線を所有する事業者です。自社の通信回線を使ってサービスを提供していることから、バーチャル(仮装)を表す「V」の文字がありません。

WiMAX回線を所有するUQ WiMAX(UQコミュニケーションズ)がMNOに当たります。

UQ WiMAXの場合、回線を管理しているのはUQコミュニケーションズですが、サービスを提供しているのはUQ WiMAXです。

  • MVNO:通信回線を持たず他社から借りてサービスを提供する
  • MNO:自社の通信回線を使ってサービスを提供する

MVNOとMNOの関係

通信回線を持たないMVNOは、MNOから通信回線を借りて、それを自社のデータ通信サービスとして展開しています。

WiMAXの場合、「BIGLOBE」「@nifty」「So-net」などのMVNOは、UQ WiMAXからWiMAX回線、WiMAX 2+回線を借りて、「BIGLOBE WiMAX 」「@nifty WiMAX」「So-net モバイル WiMAX 2+」というサービス名で、ユーザーにデータ通信サービスを提供しています。

インターネットプロバイダー(ISP)系MVNO一覧

  • ニフティ株式会社
  • ビッグローブ株式会社
  • ソニーネットワークコミュニケーションズ株式会社(So-net)
  • 株式会社朝日ネット
  • GMOインターネット株式会社
  • 株式会社リンクライフ(Broad WiMAX)
  • 株式会社ドリーム・トレイン・インターネット(DTI)

こちらの7社は主にインターネットプロバイダー、ISP事業を行っているMVNOです。WiMAX以外にも固定回線や格安SIMなど、様々なインターネットサービスを提供しています。

申し込み方法は各社のWEBサイトでのみ受け付けています。こちらの会社は店舗を所有していないので、家電量販店系のように スタッフと対面で相談しながら申し込むといったことはできません。

サポートが必要な場合は電話かメール、またはチャットで対応となります。

UQ WiMAXと他社プロバイダとの違い

端末代金

他社プロバイダでは最新端末でも0円で提供されていますが、UQ WiMAXは端末代2800円がかかります。UQは端末代が掛かりますが、何万円もかかるわけでもなく2800円と低価格なので、それほど大きな差にはなりません。

キャッシュバック額

他社プロバイダでキャッシュバック額を2~4万円用意しています。UQ WiMAXは3000~10000円と少なめの額です。貰える額は少ないですが、3ヶ月後には自宅に手続きなしで郵送されるので貰い損ねるリスクがありません。

また他社は1年以上経過しないと貰えませんが、UQは3ヶ月で貰えます。貰えるまでの期間も早いです。

速度制限

WiMAXはどのプロバイダもUQの電波を使っているので同じですが、それでも本家UQが一番通信品質が良いでしょう。

例えば、ドコモやauは沢山のMVNOに電波を貸しているわけですが、一番速く安定しているのは本家のドコモやauです。au系のUQモバイルやドコモ系のLINEモバイルなどが速いと言われても、本家には通信品質で勝らない状況です。

使ってる回線は同じでも、キャリアが持ってる回線のうちそのMVNOが借りてる分しか使えないので快適性に開きが出てくるのです。

MVNOが借りている帯域が少なければ、混雑の状況などにより、速度の低下がもちろん発生します。そういう懸念が隣り合わせなのです。

WiMAXは格安SIM程に差はありませんが、それでもプロバイダとの通信品質は少なからずあるでしょう。

回線持ってるUQコミュニケーションズが運営するUQWiMAXは本家運営のプロバイダなので回線をフルに使えますが、他のプロバイダはMVNOなのでWiMAX2+回線のうち借りてる分しか使えません。回線をフルで使えない以上は品質に何らかの影響が生じる可能性が高いです。

月額料金

WiMAXギガ放題プラン3年契約をUQ WiMAXと他社プロバイダで比較してみると、本家であるUQが一番高いです。UQは最初の3ヶ月以外は値引きなしで、キャッシュバック額も少ないので実質支払総額はどのプロバイダよりも一番高くなっております。

料金面に関しては、UQ WiMAXを契約するメリットありません。 お得感は他社プロバイダの方が感じられるキャッシュバックや端末無料、月額割引などのキャンペーンになっております。

 GMOとくとくBBUQ WiMAXBIGLOBESo-net
受取月 料金3609円3696円3695円0円
1~2ヶ月目 料金3609円3696円3695円4179円
3~24ヶ月目 料金 4263円4380円4380円4179円
25ヶ~36ヶ月目~ 料金4263円4380円4380円4179円
総支払額151,506円155,628円155,625146,265円
キャッシュバック36000円10000円20000円40700円
実質支払額115,506円145,628円135,625円105565円
セット内容W05W05W05
W05

他社プロバイダが安いのには以下の理由があります。

  1. インフラの整備はUQ任せなのでプロバイダは必要ない
  2. インフラの整備にお金が掛かっていないので出費が少ないのです。勿論、UQには貸し出し料は支払っています。回線の管理を行っているのは、UQ WiMAXなので、プロバイダは借りているだけで補修費などがかかりません。

  3. 店舗がなく人件費が掛かっていない
  4. プロバイダはネットのみの申し込み受付で完結していますので、店舗などを構えておらず余計な人件費がありません。無駄な出費がないので、月額料金を安くできるのです。

  5. UQからの貸し出しなので、回線の全てを支えているわけではない
  6. UQ WiMAXからの電波を借り受けているプロバイダは借り物のため回線の能力を全て使えていないため、安く借りることができています。

他社プロバイダ(MVNO)契約の注意点

他社プロバイダ契約をするとUQ WiMAXのサポートは受けられない

MVNOで契約した場合、利用する通信回線はUQ WiMAXの回線ですが、UQ WiMAXと契約したわけではありませんので、窓口はすべて契約したMVNOとなり、UQ WiMAXからサポートを受けることができません。

通信品質が悪いといっても、プロバイダは借りている立場ですので的確な回答が得られないかもしれません。UQであれば本家となり通信を提供する側なので、的確な回答が期待できます。

契約解除料の他に違約金あり

他社プロバイダは、契約解除料の他にキャッシュバック特典の違約金(不課税)がかかります。キャッシュバックが高額でも2年以内に解約すると高い違約金があります。

UQはキャッシュバック特典に対する違約金はありません。

キャッシュバックを貰い損ねる

他社プロバイダは、複雑なキャッシュバック受け取り制度となっておりますので、手続きを忘れてキャッシュバック権利を失うリスクが生じます。

UQは手続きなしで必ず自宅に商品券が送られてきますので、キャッシュバックリスクはありません。

結局、WiMAXはどの会社で契約すれば良い?

WiMAXのサービスは、UQコミュニケーションズの通信インフラを利用して提供されるサービスです。どこの事業者と契約しても通信インフラは同じで通信品質に差はないと言われていますが、それでも一番はWiMAXの本家本元であるUQ WiMAXでしょう。

UQ WiMAXはWiMAXの大元となる企業ですので、安心感は他のプロバイダと比べて一番あります。UQの公式サイトでは本家本元だけあり、きめ細かい説明がされていて、サポート体制も万全です。

何か障害があったとしても、他のプロバイダを差し置いて一番に対応してくれるでしょう。工事の情報やエリア拡大の情報も発信されているので、あらゆる最新の情報を得ることができます。

月500円のおまかせサポートに入れば、パソコンの設定からメールの設定、ウィルス対策まで、あらゆることをサポートしてくれます。

通信品質とサポート体制が間違いない会社を選ぶならUQ WiMAXをおすすめします。