WiMAXには「ギガ放題プラン」と「通常プラン」と、2つの基本プランがあります。

それぞれ通信制限の内容や月額料金が異なります。どちらが見合っているかを比較して自分に適切なプランを選ぶようにしましょう。

ギガ放題と通常プランを比較

月額料金の差

  • ギガ放題プラン:月額4,380円(プロバイダにより多少異なる)
  • 通常プラン:月額3,696円(プロバイダにより多少異なる)

UQ WiMAXの場合、月間データ容量に上限がないギガ放題の方が当然に高い料金となっております。一方で月間の使えるデータ容量が7GBと限られている通常プランの方が若干安くなっております。

微々たる料金差でありながら、使える容量はギガ放題の方が圧倒的に多いので、対価として考えるならギガ放題の方がお得と言えます。

最初にギガ放題を選択しても、最初の3ヶ月は通常プランの料金3,696円で利用できるため、実際に利用してみて判断することができます。その3か月間で、そこまで通信量を使わない場合は月単位で通常プランに変更できます。

月額料金そのものが各プロバイダで微妙に異なりますが、おおむねどのプロバイダも3か月目以降の価格差は600~700円程度となっております。基本、最初の3カ月間は同料金というプロバイダが多いです.

データ容量の差

  • ギガ放題プラン:月間データ量上限なし
  • 通常プラン:月間データ量7GBまで

ギガ放題プランは、高速通信が制限なしで使えるのが大きなメリットです。制限なしというのは1ヵ月間のデータ使用量を指しています。1ヶ月に10GBでも50GBでも80GBでもたっぷりとネットを使うことができます。

それに対して通常プランは1ヵ月間で7GBまでしか使えません。7GBを超えると速度制限に引っ掛かり速度が極端に遅くなります

通常プランは、メールの送受信やWebページの閲覧でしか使わないのであればデータ量は7GBでも十分ですが、高画質動画を何回も視聴したい場合はギガ放題プランが最適です。

速度制限の差

  • ギガ放題プラン:3日間で合計10GB使うと、翌日の夜だけ1Mbps前後の速度制限
  • 通常プラン:月合計7GBを使うと月末まで128kbpsの速度制限

「ギガ放題プラン」の場合、速度制限は3日間で10GB使った場合のみで、翌日の夜だけ速度制限がかかります。月間のデータ量に上限はないものの3日で10GB以内と定められています。

制限後の速度は1Mbpsなので、You Tubeの標準画質の動画や、ニコニコ動画の配信は視聴が可能なレベルです。

一方の通常プランは、その月の合計通信量が7GBになった瞬間に128kbpsの速度制限を受けてしまいます。この制限速度はギガ放題の速度制限1Mbpsよりも遅いです。

128kbpsは、LINEやテキストメールなど以外はほぼ何もできないレベルの通信速度ですので、ネットは使いものになりません。一度、速度制限を受けてしまうと解除方法はないので、翌月になるまでWiMAXは速度が遅くて不自由な思いをします。

「ギガ放題プラン」とは?

ギガ放題は、WiMAX 2+を1ヵ月に使えるデータ量に制限がありません。ギガ放題はWiMAX 2+の月間容量制限がありません。

月間データ量上限なしなので、通常プランより料金が高くなりますが、それでも極端な金額差はなく、UQ WiMAXなら料金はUQ Flatツープラス(通常プラン)が3,696円、UQ Flatツープラスギガ放題が4,380円です。684円の差しかありません。

動画などを多く見たり、データのダウンロードを使うなどネットをたっぷり使いたい方に向いています。

月間データ量に制限はありませんが、3日で10GBしか使えません。そう考えると1日平均で3.3GBずつ使っていく分には問題ありません。これは平均値に過ぎないので1日目2GB、2日目2GBなら3日目は6GBまで使うことができます。

ギガ放題の注意点

ギガ放題は上限がないといっても、「WiMAX 2+」と「au 4G LTE」のデータ量の合計が直近3日間で10GB以上超えてしまうと速度制限がかかります。

制限時間は、3日間で10GBを超えた日の翌日のネットワーク混雑時間帯18時頃~翌2時頃まで速度が1Mbpsと遅くなります。これはYouTube動画の標準画質レベルが視聴可能な速度です。

通信速度はインターネットを利用する上でかなり重要な要素ですので、普段からインターネットを使う人は多少高くてもギガ放題プランを契約するべきでしょう。

3日で10GB使える計算ですと月30日に90GB~100GBものデータ通信が使える事になります。

「通常プラン」とは?

通常プランは、WiMAX 2+とau 4GLTEの両方で合計7GB/月の制限があります。月間の使える通信量が少ないので、その分に料金が安くなっています。

ネットをあまり使わない、料金を抑えたい方に向いています。

料金プランは月単位で変更が可能

「ギガ放題」と「通常プラン」のプラン変更は毎月できます。通常プランで制限かけられて速度が遅いのでギガ放題に変更することが可能です。

逆にギガ放題で通信を月間7GBも使わないから通常プランに変更したい場合も可能です。

ネットを沢山使う時期はギガ放題、あまり使わない時期は通常プランというように臨機応変でプラン変更ができます。

プラン変更できるその月ごとの期限はプロバイダによって異なります。GMOは毎月末日18時までの変更申請で翌月からご希望プランに切り替わります。so-netは毎月20日までの変更申請で翌月からご希望プランに切り替わります。

申請の期限が異なりますが、いずれも無料で切り替えることができます。

ギガ放題が向いている人

  • WiMAXを毎日頻繁に使う
  • 動画を頻繁に視聴する
  • 固定回線の代わりに使う
  • オンラインゲームをする
  • パソコンで利用をする人

ギガ放題プランはインターネットを頻繁に利用する人に向いています。月間容量に上限がないので、使い放題です。

通常プランが向いている人

  • ネットはウェブサイトの閲覧程度
  • 動画を視聴することはあまりない
  • 自宅では固定回線で外出はスマホを使い、WiMAXは旅行の時くらいしか使わない
  • WiMAXを使う頻度が少ない

通常プランは月7GBまで高速通信でインターネットを利用できますが、頻繁にインターネットを利用する人やYouTubeなどの動画を視聴する人などは、容量がなくなるスピードが早いので速度制限がかかってしまいます。

速度制限になると、使い物にならないくらいに遅くなるので、それなりにネットを使う人は向かないプランです。

ギガ放題と通常プランどちらが良い?

ギガ放題プランにした方が断然に良いと言えます。データ通信量は月間100GBとたっぷり使えるので、データ量を気にせず思う存分にネットを使うことができます。

通常プランは月間7GBなので、動画を視聴すればすぐにデータ量がなくなってしまい速度制限がかかります。月々の料金差は700円程度ですので、1.5倍~2倍といった大きな差ではありません。

金額差は微々たるものなのに使える容量が断然に違うので、ギガ放題の方が利用価値があると言えます。

逆に、以下のような使い方をするのなら通常プランでも良いでしょう。

  • 動画視聴は殆どしない
  • ブログ記事閲覧やSNSなどで使う程度
  • オンラインゲームをしない
  • 自宅では固定回線、外出中はスマホ、WiMAXは補助的に使っている

月間7GBでも十分に足りるような使い方をしているのなら、ギガ放題プランを選ぶ必要はないでしょう。