WiMAXの電波の弱さにお困りなら通信安定で大容量LTEの「NEXTmobile」がおすすめ

NEXTmobile

ソフトバンクの回線を使ったモバイルルーター「ネクストモバイル」は、最大で月に50GBまで「Softbank 4G LTE」が使えます。

WiMAXでは月額1005円の「LTEオプション」が必要だった「4G LTEによる安定した通信」が、ネクストモバイルでは標準で備わっています。

つまり、WiMAXに対するネクストモバイルの優位性は、「定額の範囲内で4G LTEによる大容量で通信ができる点」「ビル陰や地下街でも安定して高速通信ができる点」です。

ネクストモバイルをWiMAXに置き換えると、「最大で月に50GBまでau 4G LTEを使える」状態です。

WiMAXの「au 4G LTE」を使えるハイスピードプラスエリアモードは、どのプロバイダも月に7GBまでしか使うことができませんが、NEXTmobileは月間で最大50GBまで使えるのでデータ通信量に余裕があります。

WiMAXのギガ放題を契約すると「ハイスピードモード(WiMAX2+)」は無制限ですが、ハイスピードプラスエリアモード(au 4G TLE)は月間7GBなので、LTEを思う存分に使えず不便です。

この「ハイスピードプラスエリアモード」での通信が月に7GBを超えてしまうと「ギガ放題プラン」での契約であっても7GBで速度制限がされてしまい、通信速度は128Kbpsになってしまいます。

WiMAXの「ギガ放題プラン」に関しても、使い放題・データ容量無制限」ですが、全く制限がないわけではありません。3日間で10GB以上を利用すると速度1Mbpsへ制限されます。

ネクストモバイルでは毎月のプラン20GB・30GB・50GBの上限を超過した場合の速度制限以外に、速度制限のルールがありません。毎月のデータ容量上限だけを管理できれば良いです。

ネクストモバイル申し込みページはこちら

WiMAXではなく、ネクストモバイルを契約した人が良い人

  • WiMAXのハイスピードプラスエリアモード(au 4G TLE)月間7GBでは足りない
  • ハイスピードモード(WiMAX2+)は月間7GBの通常プランでも足りないし、ギガ放題の無制限でも多い
  • 4G LTEを大容量で使いたい
  • 週末の旅行で4G LTEを3日10GB以上を集中して使いたい
  • ビルの陰や室内の奥まった場所、地下街などの利用が多い

ネクストモバイルではなく、WiMAXを契約した人が良い人

  • 月間50GBでは足りない
  • 1日3GBのペースでネットを使う
  • LTEよりWiMAX2+メインで使いたい
  • WiMAX2+エリア内での利用がメイン
  • WiMAX2+で圏外や電波不安定など困ることはない
 1~24ヵ月2年間合計最低利用期間
20GBプラン2760円66240円2年間
30GBプラン3490円83760円2年間
 1~12ヵ月13~24ヵ月2年間合計最低利用期間
50GBプラン2760円4880円91680円2年間

ネクストモバイル申し込みページはこちら

WiMAXは、プロバイダーによってエリアに違いは?

WiMAXは、プロバイダーによって使えるエリアは変わりませんし、速度にも差は出ません。そもそも、WiMAXを運営しているのは「UQコミュニケーションズ株式会社」であり、各プロバイダーは販売代理をしているだけです。

プロバイダが複数あったとしても、全て大元の電波はUQコミュニケーションズです。

現在、プロバイダーは複数ありプロバイダ同士で顧客獲得競争をしていて、各社魅力的な料金プランを提供しています。通信エリアや速度など品質は変わらないので、一番安いプロバイダを選択すると良いでしょう。

WiMAXの電波が弱い原因

WiMAX、WiMAX2+の周波数帯が電波の弱さと関係

WiMAXは外では電波が強いが、建物の中だと電波が届かないなんてことがあります。室内全ての箇所が電波が入りにくいかと言えば窓際だと電波が入りやすいなんてことがあります。

これはWiMAX、WiMAX2+の利用している周波数の帯域に深く関係しているからです。

ドコモ、Softbank、auなどのキャリアの回線の周波数は800MHzや1.5GHzという帯域に対して、WiMAXやWiMAX2+の場合、2.5GHzという少々高い帯域を利用しています。

周波数は高いほど直進性が高く高速通信が可能というメリットはありますが、直進性が高いためビルや建物があると遮断されやすいデメリットもあります。

高い周波数帯の電波は直進性が高いので障害物に当たってもそれを回り込もうとする性能が低いです。

逆に周波数帯が低くなるとまっすぐ進む性能が低くなる代わりに障害物に当たるとそれを回り込んで先へ進もうとする性能が高くなります。

WiMAX2+の電波は一番高い周波数と同じ2.5GHzで、これは非常に高い周波数なのです。周波数は高ければその分高速な通信ができるのですが、高速な通信ができる代わりに電波が届きにくくなります。

そのため、WiMAXは室内では少し電波が入りにくいことがあるのです。その関係でWiMAXの特徴には「直進性」と「高速通信」が挙げられます。

WiMAX2+の電波は、真っ直ぐに高速で飛ぶという特徴があり、例えば周囲に大きな建物があったり、室内利用であれば鉄筋コンクリートの厚い壁があるような環境は苦手です。

特に窓のない部屋や建物の中心部にある部屋では電波が入りにくいことがあります。また、周囲に高い建物が密集している場所なども電波が入りにくいです。

高い建物が密集していると言えば東京の都心部ですが、都心部の真ん中はWiMAXの電波が入らないということが起きたりしますが、これは障害物に当たってもそれを回り込もうとする性能が低いことが言えます。

障害物が苦手、障害物を回り込んで隅々まで電波が行き渡らせるタイプの電波ではないのです。しかし、携帯電話・スマートフォンの電波に比べ、WiMAX2+の電波は非常に高速です。WiMAX2+の電波はこうした特徴があります。

ですからWiMAXの利用している電波が、キャリアの電波より強いとか弱いとかの問題ではなく、特性が違う電波を使っているため繋がればサクサク速いメリットもある一方で、環境によっては電波が弱い、繋がりにくいというデメリットがあります。

各事業者がLTEで使用している周波数帯

  ドコモauソフトバンクWiMAX
700MHz帯バンド28
800MHz帯バンド18/26
バンド19
900MHz帯バンド8
1.5GHz帯バンド11
バンド21
1.7GHz帯バンド3
2.0GHz帯バンド1
2.5GHz帯バンド41

電波行政を管轄している総務省は、各通信会社にサービスにしても良い周波数を割り当てています。

WiMAXを運営しているUQコミュニケーションズに割り当てられている周波数帯は2.5GHzとなっていますが、他の携帯会社と比較しても高いことが分かります。

アンテナ数はキャリアに及ばない

アンテナの数で言えばWiMAXは若干少ないと言わざるを得ません。

WiMAX以外のポケットWiFiルーターは、ドコモ、ソフトバンク、auのLTEプラチナバンド帯を借りて運営しています。これに対して、WiMAXは自前のアンテナで運営しています。

会社の資金力に差がある以上、アンテナの数が少ないのです。また採用している電波の周波数帯が、若干障害物に弱いです。それにより、WiMAXはエリアが狭いのです。

WiMAXはアンテナの数を急激に増やすことができないので、端末側の受信機の性能を上げたり、有線LANに接続できるクレードル端末を用意することで補っています。

山間部や人口が少ない地域を除けば、ほとんどの場所が利用可能エリアになっています。

端末の初期設定の問題

端末によって通信設定で「速さ」を優先させるか「接続」を優先させるか選択できる場合があります。初期設定では「速さ」を優先する設定になっていますので、速い電波を掴もうと探している時に接続が切れる場合があります。

そのような場合は、「接続」を優先するに設定することで改善します。

WiMAXのサービスエリア外だった

WiMAXの電波が悪い原因として自分のエリアが対象エリアではなかったことも考えられます。WiMAXはほぼ日本全国をカバーしてはいるものの、サービスエリアが拡大しきれていない部分がありますので、エリアの対象になっていない地域も多くあります。

エリア外になっている場合は電波が弱く、ネットも使えないことも多いです。

地下や鉄筋コンクリートの建物で使っている場合

WiMAXの電波は直接的な動きしかしません。その為、ルーターとの間に棚や壁などの電波を遮断するものがあると電波が悪くなることがあります。

特に鉄筋コンクリートのビルや地下での利用の際は電波が悪いです。カバンの中やポケットの中などにルーターを入れっぱなしにして利用することでも、電波が悪いです。

地下鉄で使っている場合

WiMAXは、東京の地下鉄である、丸ノ内線、日比谷線、副都心線などの路線で対応していません。

現在、都営地下鉄の駅構内や列車内に、WiMAX 2+サービスがご利用いただけるようエリア整備をすすめていますが、列車が走行中に圏外になることも多いです。

駅のアンテナの電波が駅と駅の間はホームから離れるので届かなくなってしまうのです。つまり地下鉄がサービスエリア内でも電波が伝わりにくい場所では、通信できなかったり通信速度が低下する場合があります。