WiMAXの「4G LTE」月間7GBでは足りないor3日間で10GB以上利用時の通信制限が気になるなら「NEXTmobile」がおすすめ

NEXTmobile

ソフトバンクの回線を使ったモバイルルーター「ネクストモバイル」は、最大で月に50GBまで「Softbank 4G LTE」が使えます。

WiMAXでは月額1005円の「LTEオプション」が必要だった「4G LTEによる安定した通信」が、ネクストモバイルでは標準で備わっています。

つまり、WiMAXに対するネクストモバイルの優位性は、「定額の範囲内で4G LTEによる大容量で通信ができる点」「ビル陰や地下街でも安定して高速通信ができる点」です。

ネクストモバイルをWiMAXに置き換えると、「最大で月に50GBまでau 4G LTEを使える」状態です。

WiMAXの「au 4G LTE」を使えるハイスピードプラスエリアモードは、どのプロバイダも月に7GBまでしか使うことができませんが、NEXTmobileは月間で最大50GBまで使えるのでデータ通信量に余裕があります。

WiMAXのギガ放題を契約すると「ハイスピードモード(WiMAX2+)」は無制限ですが、ハイスピードプラスエリアモード(au 4G TLE)は月間7GBなので、LTEを思う存分に使えず不便です。

この「ハイスピードプラスエリアモード」での通信が月に7GBを超えてしまうと「ギガ放題プラン」での契約であっても7GBで速度制限がされてしまい、通信速度は128Kbpsになってしまいます。

WiMAXの「ギガ放題プラン」に関しても、使い放題・データ容量無制限」ですが、全く制限がないわけではありません。3日間で10GB以上を利用すると速度1Mbpsへ制限されます。

ネクストモバイルでは毎月のプラン20GB・30GB・50GBの上限を超過した場合の速度制限以外に、速度制限のルールがありません。毎月のデータ容量上限だけを管理できれば良いです。

ネクストモバイル申し込みページはこちら

WiMAXではなく、ネクストモバイルを契約した人が良い人

  • WiMAXのハイスピードプラスエリアモード(au 4G TLE)月間7GBでは足りない
  • ハイスピードモード(WiMAX2+)は月間7GBの通常プランでも足りないし、ギガ放題の無制限でも多い
  • 4G LTEを大容量で使いたい
  • 週末の旅行で4G LTEを3日10GB以上を集中して使いたい
  • ビルの陰や室内の奥まった場所、地下街などの利用が多い

ネクストモバイルではなく、WiMAXを契約した人が良い人

  • 月間50GBでは足りない
  • 1日3GBのペースでネットを使う
  • LTEよりWiMAX2+メインで使いたい
  • WiMAX2+エリア内での利用がメイン
  • WiMAX2+で圏外や電波不安定など困ることはない
 1~24ヵ月2年間合計最低利用期間
20GBプラン2760円66240円2年間
30GBプラン3490円83760円2年間
 1~12ヵ月13~24ヵ月2年間合計最低利用期間
50GBプラン2760円4880円91680円2年間

ネクストモバイル申し込みページはこちら

WiMAXのSIMのみ契約とは?

WiMAXのSIMのみ契約とは、WiMAX端末は購入せずに、SIMカードのみを契約して、SIMカードが自宅に届いたらオークションで購入した端末にSIMカードを差し込んで使うということです。

WiMAXにSIMのみ契約はある?

WiMAXではSIMのみ契約はありません。これは、本家のUQ WiMAX、全てのプロバイダでありません。どこも端末セット購入しか選択できないようになっております。

申し込み時に選べるのは、「ギガ放題プラン」か「通常プラン」かのプラン選択の2択と、「WX04」「W05」など端末を選べるだけです。

WiMAXの契約では、端末を強制的に選択する流れとなっており、端末を購入せずに契約することはできません。

しかし、格安SIMやキャリアのスマホ端末の様に、端末料金が3万~7万円など高額ではなく、WiMAXの場合は3年契約する代わりに無料で端末を提供しているところが殆どで、有料だったとしても800円と安く購入できるようになっております。

ですから、端末負担は微々たるものですので、端末セット購入の負担は少ないです。

しかし、WiMAXは利用月に応じて解除料がかかり、利用期間が短い程に解除料は高額となり、3年契約の場合のWiMAX解約手数料は、1~13ヶ月目が19000円、14~25ヶ月目が14000円、26~37ヶ月目が9500円となっており、早期解約程に違約金が高くなっています。

端末代は安くても早期解約は19000円も掛かります。これは、スマホの解約料が9500円に対して更に9500円と2倍高いことになります。これだけの解約料を取るのですから、端末を無料で渡して即解約されても、解約料で回収できるわけです。

WiMAXの端末はスマホと比較したら、それ程に高いものではありません。オークションで新発売当初は15000円しますが、半年経過したころには8000円で出回っています。

このくらいの価格で売られるということは、端末自体はそれ程に高いものではなく、19000円の解除料で回収できる仕組みとなっているのでしょう。

WiMAXの現在のSIMは他の機種でも使える?

初代WiMAX 2+ルーター「Wi-Fi WALKER WiMAX2+ HWD14」以来、全てのWiMAX 2+ルーターは「au micro IC Card(LTE)」というmicroSIMカードを使っていました。

現在は、「Speed Wi-Fi NEXT WX04」から、SIMカードが「au Nano IC Card 04 LE U」に変更されています。最新機種のWX04/L01s/W05は全て相互性がありNano SIMカードで共通して使えます。

ネットワーク利用制限○ならばWX04のSIMをW05とL01sにSIMカードを入れ替え使用することは可能です。

WX03/L01/W04などで、Nano SIMカードは使えませんが、これらの旧機種は全て後継機種の新機種が出ており、選ぶ必要がありません。

事実上、最新機種のWX04/L01s/W05を購入すれば、今後はNano SIMカードが主流となる為、SIMカードを差し替えて使う事ができます。

格安SIMのSIMのみを選ぶ理由

格安SIMのSIMのみは以下の理由から人気があります。WiMAXはそもそもSIMのみがありませんが、最近の端末はSIMカードの種類は同じだし。端末代金は無料もしくは800円と安いし、選べる程に端末の種類はないなどの理由からSIMのみが仮にあったとしても契約するメリットはないと言えるでしょう。

SIMカードの種類の兼ね合い

格安SIMでは、LTE用microSIMとLTE用nanoSIM、VoLTE用マルチSIM(mini/micro/nano)の3種類あります。それぞれSIMカードによって対応端末が異なります。

その為、キャリアで使っていた機種をSIMロック解除して、格安SIMで使う場合、動作するSIMカードを選択する必要があります。

端末セットで購入すると、購入する端末に合ったSIMカードが自動で選択される為、そのSIMカードの種類が、キャリアで使ってきた端末のSIMカードで動作しない場合は、SIMのみで使えるSIMカードで契約した方が間違いないのです。

欲しい端末がない

欲しい端末がない場合は、自身で用意した端末で利用するので端末セットを購入する必要がありません。欲しくもないのに無理して購入すれば端末代は無駄になってしまいます。

端末が高いから通販で購入

格安SIMの端末は定価販売で通販より高いです。ただ、例外もありUQモバイルの「おしゃべりプラン」「ぴったりプラン」を契約する場合は、マンスリー割が適用され端末実質108円で購入できます。

ただし、2年縛りだし月額料金も無料通話がついて高いので、端末安くても維持費でお金がかかります。

通常の安いプランの端末セットは、3万円程します。この3万円がネット通販では2万円で販売されていたりしますので、SIMのみ契約して機種はネット通販で購入した方が得策なのです。

WiMAX端末はネット通販で購入できる?

WiMAX端末は、ネット通販で公式には販売されておりません。プロバイダで契約しないと購入できないようになっております。

では、プロバイダ以外でWiMAX端末は買えないかと言えば、抜け道がありオークションで出回ります。これは、個人がプロバイダで購入した端末を出品している形です。

現在、WiMAX端末を外部で入手するにはオークションしかありません。それにオークションで出回る数もそんなに多いわけではありません。

出品がされていない機種もあり、日によってあったりなかったりで常に買えるわけではありません。