WiMAX

WiMAX審査時間は何日かかる?クレジットより口座振替が落ちやすい?

WiMAXの審査でクレジットと口座振替どちらが厳しい?

クレジットカードは作る際に厳重な審査があります。「勤務先」「年収」「勤務年数」「借金がないか」「返済状況」「家は持ち家か」これらの項目を記入する欄があり、全てが重要視されます。

クレジットカードを持っているということは、厳正なる審査を通過した信用のある人ということになりますので、WiMAXの審査は簡単に通ります。

限度額を超えてカードが使えない状態になっていない限り、問題ありません。

口座振替の場合は審査が厳しくなります。銀行口座を作ること自体は厳しい審査がないわけですから、誰でも簡単に作れてしまいます。

口座振替の人は、どれくらいの信用があるか分からないので、審査をする必要があります。

WiMAXとはいえ、「滞納」や「延滞」などをするような人に契約されたら、企業としてのダメージを被る形となります。

WiMAXの申し込みは非常にシンプル

WiMAXを申し込む際に必要な入力項目は、「名前」「生年月日」「性別」「郵便番号」「住所」「電話番号」「メールアドレス」「暗証番号」「本人確認書類の写真」と「クレジット情報」もしくは「口座情報」と非常にシンプルです。

逆に言えば最低限しか情報を提示しなくて済みます。「どこで勤めているか」「正社員か派遣かフリーターか」「家は貸家か持ち家か」など細かい部分を入力する欄はありません。

これだけ、シンプルな情報で、「どうやって審査するか?」ですが、信用情報機関で過去に滞納・未納などをしていないかで一発で信用あるかどうかが分かります。

そもそも、信用のない人は、過去に公共料金や携帯料金を未払いしてきた前科があります。前科がある人は、同じ過ちを2度3度と繰り替えす恐れがある為、簡単にWiMAXを契約させるわけにはいきません。

もし、そのような前科ある人をWiMAX契約させてしまうと、滞納された場合に料金回収が困難となり企業としては赤字となってしまいます。

WiMAXの端末は、無料とか800円とか安い価格で提供できるのは、3年契約といった長期期間の利用があるからです。3年契約プランの場合、3年以内に解約すると違約金が発生します。

WiMAXの解約手数料は、1~13ヶ月目が19000円、14~25ヶ月目が14000円、26~37ヶ月目が9500円となっており、早期解約程に違約金が高くなっています。

端末を安くしても違約金を高くしているので、万が一早期解約されても利益は回収できるのです。

しかし、契約後すぐに滞納されたらどうでしょうか?端末も既に配送している中での料金滞納は痛手です。ですから、WiMAXの会社としては、「きちんと支払いが滞りなく続けられる人」を審査に通すようにしているのです。

「支払いを引き延ばししそうな人」や「支払いを怠りそうな人」は過去にも未納をした履歴がある傾向が強いので、信用機関の情報を元に、審査に通すかを判断しているのです。

逆に言えば、それ1本が判断材料になります。他の部分は情報としてもらっていないので、過去の滞納履歴があるかどうかが頼りとなってきます。

WiMAXクレジットと口座振替の共通の審査内容

過去に、公共料金、携帯料金、インターネット料金など延滞や未納がないかの履歴を見られます。

過去にクレジットカード、住宅・自動車ローン、携帯電話端末を滞納していると、ローンの支払いが滞ることになり、信用情報機関のデータに延滞や未払の情報が記載されます。この状態が「ブラック」です。

信用情報機関でブラックになってしまうと、さまざまな会社がこれを閲覧するため、新規でクレジットカードが作れなくなったり、住宅ローンが組めなくなったりします。

WiMAXの会社もまた、契約前にこの情報にアクセスをして、対象者を審査しています。

WiMAXでは明確な審査基準を明示しておりませんが、契約者への端末配送を行う前に、信用情報機関を見て審査しています。

支払延滞情報は完済から5年間は信用情報機関に記録が残ります。その信用情報機関に登録された情報は、信用情報機関に加盟する他の事業者つまりWiMAXの会社も審査に利用していることでしょう。

WiMAXの口座振替の審査は何日で審査内容は?

WiMAXの口座振替の審査は、2週間かかります。これは審査を受けるための書類を郵送しなければならないからです。郵送するまでの時間や、郵送後に書類を確認する時間などがあり、2週間かかってしまうのです。

口座振替の審査内容は、信用機関情報で過去に悪さをしていないか確認され、書類やサイトの申し込みの際の入力内容に漏れや間違いがないかを確認されます。

信用機関情報のブラックに入っていなくて、記載された情報に間違いない場合は審査に通ります。

口座振替は審査まで長い時間が掛かりますが、「勤務先」「年収」などクレジットカードの様に細かい審査基準があるわけではありませんので、比較的簡単に審査は通ります。

主な審査内容

  • 携帯代金の滞納・未納
  • 公共料金の滞納・未納
  • インターネット料金の滞納・未納
  • 登録する銀行口座が使用できるか
  • 個人情報に偽りはないか

WiMAXの口座振替の申し込み手順

  • 端末とプランを選択する
  • 住所氏名などの必要事項を入力
  • 口座振替依頼書が後日自宅へ郵送されてくるので、口座番号などを記入し、返送する
  • 身分証明書のコピーを同封する場合があります。

  • 書類の内容を審査される
  • 記入内容に不備がない限りは審査に落ちることはありません。

WiMAXのクレジットカード支払いの審査日数は?

WiMAXをクレジットカード支払いで契約した場合は、手続きもなし、書類を書く必要もなしで、「名前」「住所」「電話番号」「メールアドレス」など個人情報を入力するだけで申し込みが可能です。

審査自体は30分もかからないでしょう。午前中に申し込みをして午後には端末とSIMカード配送となるので、審査自体は完全に1日以内で終わります。

WiMAXを早く使いたいなら断然にクレジットカードで契約した方が良いでしょう。

クレジットカードはなぜ審査が甘い?

クレジットカードは、一定の収入がないと作れません。無職やフリーターなど、収入が不安定だったり、低い場合はクレジットの審査に通りません。

クレジットを保有しているということは、定収入が確立されている人としてみなされるのです。

よって、クレジット保有者というだけで、既に収入面の審査に通った人なのだから、わざわざ収入面の再審査をする必要なしとなるのです。

実際、WiMAXの会社だって毎日のように申し込みする人がいて、その度に細かくチェックしていたら莫大な時間と労力を費やします。限られた人材で効率よく審査するためには、クレジット保有しているというだけで、収入面はパスというシステムを導入していることでしょう。

WiMAXの審査のお知らせは?

WiMAXはクレジットカードでも口座振替でも、「審査に通りました」とのお知らせはありません。「端末機器・SIMカード」の配送をもって審査完了となります。

端末やSIMカードは、審査に通った人しか配送しませんので、配送完了メールが審査に通ったことを意味します。

ブラックでもWiMAX審査は通る?

信用情報機関でブラックリスト入っている人は、、過去に公共料金、電話料金、携帯料金の滞納や延滞などをしてきた信用のない人なので、クレジット契約でも、口座振替でも契約はできません。

WiMAXの審査に落ちる理由

クレジットカードが契約者以外の名義

契約者名とクレジットカードの名義は同一でなければなりません。親の名義や他人の名義のクレジットカードを使って契約すると100%審査に落ちます。

仮に親の許可を得てクレジットカードを借りている場合でも、WiMAXの会社からしたら無断で使っている可能性もあるとの見方もできるし、契約する人が信用があるかも審査できなくなります。

同じ家族でも親は親で別物で、審査は個人を対象としています。適正な審査をする為にも契約者本人名義のクレジットカードは必須となります。

WiMAX審査が緩いプロバイダは?

WiMAXの審査が緩いという観点でみれば、口座振替可能なプロバイダです。審査に通る自信のない人の殆どはクレジットカードを何らかの理由で持っておりません。

銀行口座なら誰でも簡単に作れるので、口座振替なら契約のハードルは下がる事でしょう。

口座振替で契約することができるWiMAXは、UQ WiMAX、BIGLOBE WiMAX、Broad WiMAXの3社です。この3社のいずれかがおすすめと言いたいところですが、Broad WiMAX契約時に口座振替を選んでしまうと初期費用無料キャンペーンが適用されません。

契約で口座を選択すると「クレジットカードでのお手続きで初期費用無料キャンペーン中」と案内が出ます。これは口座振替は初期費用18857円がかかりますよとの意味です。

こんな高額な初期費用が掛かるBroad WiMAXは除外するとUQ WiMAX、BIGLOBEのどちらかがおすすめとなります。

WiMAXキャッシュバック額は一番多いプロバイダです。W05を2年契約でも32300円キャッシュバックされるので3年の長期より2年の短期でキャッシュバックが欲しい人に向いています。 キャッシュバック特典は、端末発送月を含む11ヶ月目に基本メールアドレス宛にキャッシュバック特典の振込に関するご指定口座確認のご案内メールを送信し、ご返信があった翌月末日(営業日)にご指定の口座に振り込みとなります。
詳細ページ公式ページ
最大30,000円キャッシュバックキャンペーンと月額大幅割引きのキャンペーン内容を実施中です。 口座振替の場合もキャッシュバック対象ですが、15,000円のキャッシュバックと少なくなりますが6ヶ月目で貰えるので早いのは魅力的です。 BIGLOBE WiMAXは、1996年というインターネットがそれほど普及していない時代からネット通信事業を始めた老舗中の老舗で安心感から支持されています。
詳細ページ公式ページ
Flat 3年ギガ放題またはWiMAX 2+ Flat 3年をお申し込みの方のいずれかにお申し込みいただき、お申し込み時にご購入いただいた@nifty WiMAX(ワイマックス)対応機器が発送された方には機器発送月を含む5カ月目にキャッシュバックお受け取りできます。 3年契約限定ですが、5ヶ月目と早く30100円のキャッシュバックが受け取れるのが最大の魅力です。
公式ページ