無線モバイルルーターとは?

無線ルーターとは、「無線」で接続できて、「モバイル(持ち運び)」できる「ルーター(インターネットとコンピュータとの中継器)」のことです。この無線モバイルルーターは、メーカーによって呼び名が全く異なります。

  • Y!mobile:PocketWi-Fi(ポケットワイファイ)
  • UQコミュニケーションズ:WiMax(ワイマックス)

docomo、au、Softbankなども無線ルーターを取り扱いしていますが、特定の名前はついておらず、「モバイルWi-Fiルーター」「データ通信製品」「モバイルデータ通信」などと呼んでいます。

Wimaxとポケットwi-fiの違い

「ポケットWiFi」はワイモバイル社が提供しているモバイルWi-Fiルーターの名称です。ポケットwifiというのはもともとはソフトバンクが発売していたモバイルルーターの事なのですが、その言葉が一般的になって今では、モバイルルーター全体の事をポケットWiFiと呼ぶ人が多くなってきました。

「WiMAX」は、UQコミュニケーションズ社の「UQ WiMAX」というモバイルWi-Fiルーターの名称です。

現在のポケットWiFiは主にソフトバンク傘下のY!モバイル(旧イーモバイル)による「ポケットWiFi」とauKDDIグループ傘下「UQ WiMAX」のWiMAXの2回線になります。

ポケットWiFiは「Y!モバイル」がそのままプロバイダサービスをしてYahoo!プレミアムユーザー向けに格安で「Yahoo!WiFiを提供しています。

「UQ WiMAX」のWiMAXはUQWiMAXの他、「GMOとくとくBB」「BroadWiMAX」「So-net」「BIGLOBE」等がプロバイダ事業を行っております。

WiMAX 2+の特徴

WiMAX 2+はUQコミュニケーションズ社が提供する通信サービスです。モバイルWiFiルーターがWiMAX 2+の電波で送受信することで、ネットができるようになります。

WiMAXの名称は、「Worldwide Interoperability for Microwave Access」の頭文字をとった略称です。WiMAXを使用できる専用機器や、WiMAXを内蔵しているパソコンを使用することで利用できる通信方式になっています。

特徴としては、自宅の通信回線と変わらない高品質な回線と速度です。各通信事業者が提供しているプランによっては無制限で高速通信を利用できます。

エリア制限がありますが、対応エリアなら自宅と変わらないレベルの通信を体感することができます。

WiMAX 2+の他にauの4GLTEを使いたいとなった時には、「ハイスピードプラスエリアモード」に切り替えて使うことができます。このオプション料金は1,005円かかりますが3年契約なら無料になります。

更には、auの携帯電話を利用してると、WiMaxは「auスマートバリューmine」という最大1000円/月料金が安くなるサービスがあります。

さらに、ハイスピードエリアモードを使っても、au加入者の場合は、追加料金がかからないメリットがあります。auを利用しているなら間違いなくWiMAXを選択した方が金銭的にはお得です。

WiMAX 2+のサービスを提供している会社は、UQ、BIGLOBE、nifty、GMOとくとくBB、So-net、BroadWiMAXなどありますが、通信速度は全て同じでUQコミュニケーションズが提供する電波を使っています。

大きな違いは月額料金とキャッシュバックなどの諸条件になります。

WiMAX 2+のメリット

WiMAX 2+のメリットは、月間無制限で使えるギガ放題プランをキャッシュバックを含めたり月額割引すると月額3000円程度で安く利用できる点です。更にはモバイルWiFiルーターも無料です。

WiMAXにはUQコミュニケーションズの販売代理店があり「GMOとくとくBB」や「So-net」では、3~4万円の高額キャッシュバックキャンペーンを実施しております。

Wimaxは各プロバイダがキャッシュバックキャンペーン競争で競り合うのでコスパが良いのです。

WiMAX 2+のデメリット

WiMAX 2+のデメリットは、解約金が高いことです。2年契約の場合は2年未満で解約すると違約金が1万4000円から3万円程度かかります。2年超で解約する時も、9500円の違約金がかかります。

2年ごとの更新月に解約を行えば違約金なしで解約できます。

WiMAX 2+の人口カバー率は95%ですが、WiMAX2+の電波は、一般の携帯電話とは異なる高い周波数帯が使われていますので電波特性上、壁などで電波を反射しやすく、建物の内部は繋がりにくいです。屋外から離れた、室内の中心ほど繋がりにくくなります。

屋外では問題なく繋がっていたWiMAXが、部屋の奥に入ると急に「電波圏外」状態になることも少なくありません。

また、地下部やビル・マンションの高層階も電波が届きにくく繋がりにくいです。

ポケットWiFiの特徴

ポケットWiFiはソフトバンクが提供する通信サービスです。ポケットWiFiを提供しているのは、Yahoo! WiFiとY!mobileですが、これらはソフトバンクの一味です。

Wi-Fi(ワイファイ)とは、パソコンやテレビ、スマホ、タブレット、ゲーム機などのネットワーク接続に対応した機器を、無線(ワイヤレス)でLAN(Local Area Network)に接続する技術のことです。

自宅や職場などでWi-Fiを利用するには、Wi-Fiルーターが必要となります。Wi-Fiルーターとは、Wi-Fi機器と電波の送受信を行いLANとの仲介を行うための機器で、無線LAN親機とも呼ばれています。

Wi-Fi(無線LAN)を利用すれば、スマホやタブレットに保存した写真をプリンターで印刷したり、リビングのレコーダーで録画した番組やパソコンに保存した音楽を別の部屋で視聴したり、さまざまなWi-Fi対応家電と連携してスイッチのON/OFFや運転状況などを確認できるようになります。

Wi-Fi(ワイファイ)には3つのタイプがあります。

 使える場所配線持ち運び
公共駅・空港など不要できない
固定家の中必要できない
ポケットWiFi どこでも不要できる

公共Wi-Fiは、使用する都度パスワードなどを入力する必要がある場合もあり、固定Wi-Fiは、ルーターと呼ばれる中継ポイントが設置された場所でのみの接続となるため、自由度は低いです。

その点、持ち運びできる小さなルーターを使用するポケットWiFiなら、いつでも自由にインターネット接続することができます。

ポケットWiFiは、どんなシーンで活用できる?

  • 新生活のインターネット開始
  • ポケットWiFiなら引っ越し先でもすぐにインターネット接続できます。

  • 家の中でもインターネット
  • 家の中も外も関係なく、いつでもどこでもインターネットが使えます

  • スマホのデータ通信節約
  • スマホのデータ通信容量をまるっと節約できます。

ポケットWiFiのメリット

ポケットWiFiもWiMAXと同じ様にLTE(4G)通信で月7GB使えます。月7GB以上使いたい場合、AXGPでの通信になります。AXGPはWiMAX2+と同じ電波形式なので、WiMAX2+と同じ程度の電波状況になりますが、対応エリアで比較するとAXGPの方が少し狭いです。

ポケットWiFiのデメリット

ポケットWiFiのデメリットは、最低利用期間が3年間という点です。WiMAXは最低2年と1年短いです。

3年未満で解約すると違約金で9500円かかります。3年ごとの更新月に解約を行えば違約金なしで解約できます。

モバイルWiFiルーターの機種は無料でもらえますが、キャッシュバックがありませんので、WiMAX2+と比べると月額料金が実質1400円くらい高くなります。

その上、AXGPエリアならデータを大量に使うことができますが、AXGPエリアはWiMAX2+エリアと比べて少し狭いのでWiMAXの方が安くてエリアが広いので断然にお得です。

Wimaxとポケットwi-fiの違いを比較

ポケットWiFi(Y!mobile)とWiMAX(UQ WiMAX)のサービス内容を比較してみます。

 Y!mobile UQ WiMAX
対象機種Pocket WiFi 603HW Speed Wi-Fi NEXT W05
速度[FDD-LTE]下り最大350Mbps / 上り最大37.5Mbps
[AXGP+TDD-LTE]下り最大612Mbps / 上り最大13Mbps
受信最大708 Mbps / 送信最大75 Mbps
エリアLTE / AXGP WiMAX 2+
au 4G LTE
稼働時間約6時間(省電力設定OFF時)
約8.5時間(省電力設定ON時)
ノーマルモード:約540分
サイズ約W109.9×H65.1×D15.5mm約W130×H55×D12.6mm

稼動時間やサイズは、購入する機種によって異なりますが、回線の速度ではWiMAXが速くなっています。

Y!mobileのポケットWi-Fiの最新機種「603HW」は最大通信速度が612Mbpsに対してWimaxの最新機種W05は、708Mbpsと速いです。

しかしW05のエリアは東名阪の一部に限られます。ハイスピードプラスエリアモード(au 4G LTE回線の利用)にした時に、東京、大阪、愛知の一部エリアのみとなります。

WiMAX2+は超速を売りにしていて今後は最大1Gbpsまで引き上げる計画を公表しています。

エリアに関しては、どちらもLTEエリア対応となるため、幅広い地域に対応しています。少しだけポケットWiFi(Y!mobile)がWiMAX(UQ WiMAX)より主に山間部付近でエリアが広いです。

ただし、高速通信可能なAXGPエリアとWiMAX 2+エリアを比較すると、WiMAX 2+エリアが広くなっています。

ワイモバイルの青い部分がアドバンスオプションを使えるエリア、WiMAXは色付きの部分全てで無制限通信が使えます。

Pocket WiFi 603HWの対応エリア

Y!mobileの青のエリア以外で使うと、7GB/月の制限にかかってしまうので、Y!mobileの4G LTEエリアの人は、WiMaxを使う方が無難です。

WiMAX 2+の対応エリア

東京付近のエリアマップで比較してみると、WiMAX 2+エリアはほぼ山間部付近以外は対応していますが、AXGPエリアはまだ未提供エリアが見受けられます。

ポケットWiFi・WiMAXの料金・契約期間の比較

 Y!mobile UQ WiMAX
プランPocket WiFi プランLPocket WiFi プラン2UQ Flatツープラス ギガ放題UQ Flatツープラス
初期費用3000円3000円3000円3000円
月額料金4380円3696円4380円3696円
通信制限
(AXGP):無制限
(AXGP/LTE):7GB/月
7GB/月(WiMAX 2+):無制限
(WiMAX 2+/LTE):7GB/月
7GB/月
契約期間3年2年
違約金更新月以外の解約時
9,500円
更新月以外の解約時
1~13ヶ月目:19,000円
14~25ヶ月目:14,000円
27ヶ月目以降:9,500円
割引SoftBank光利用の場合、ポケットWiFiの月額料金が500円/月割引auスマホ/auケータイの月額料金が最大934円/月割引

初期費用・月額料金は全く同じです。契約期間に関しては、ポケットWiFi(Y!mobile)は3年契約、WiMAX(UQ WiMAX)は2年契約が最低契約年数となっております。

ただし、WiMAXの2年契約はLTEオプション1005円/月が無料にはなりません。

契約期間中の違約金は、WiMAX(UQ WiMAX)が高くなっていますが、契約期間を2年と1年短くできるメリットがあります。

通信制限に関しては、AXGPエリアよりWiMAX 2+エリアが広くなっています。これはWiMAXの方が、ポケットWiFiより、通信制限がかからず、高速に使えるエリアが広いということです。

AXGPエリアは未提供地域が多いので、月に7GB以上の通信をされる場合は、通信制限無しのプランでも、制限がかかってしまうことがあります。

Wimaxとポケットwi-fiの端末代金

Y!mobileのポケットWi-FiとUQのWiMAXは、端末代はどちらも実質無料ですが、割引方法が異なります。

  • Y!mobileのポケットWi-Fi:3年かけて割引
  • UQのWiMAX:最初から割引

端末割引の仕組みから言えばWiMAXの方が最初から無料にしてくれるのでスッキリしていますが、落とし穴があり早く解約すると、解約金が高くなるので一概に良いとは言えません。

WiMAX2+とポケットwi-fiの速度制限後の速度比較

WiMAXの「UQ Flat ツープラスギガ放題プラン」は月間通信速度制限なく利用することができますが、「UQ Flatツープラスプラン」は月間データ量が 7GB であり超えた場合には128kbpsに制限されます。

128kbpsでウェブの閲覧はかなり苦しいものになり、youtubeなどの負荷が掛かる動画の再生は厳しいです。128kbpsでもメールのやり取りぐらいは普通に行う事ができます。ツイッターなどのSNSを表示させるには30秒ぐらいは待機しないといけませんので事実上使い物にならないレベルです。

また、「UQ Flat ツープラスギガ放題」と 「UQ Flatツープラス」ともに「3日間で10GBを超えた場合、翌日の18時頃から翌日2時頃まで概ね1Mbpsの速度制限」が行われることになっています。

Pocket WiFiプランL前日までの3日間のご利用通信量が、8,389万パケット(約10GB)以上利用すると当日18時から翌日1時まで最大通信速度は約1Mbpsとなります。

Pocket WiFiプランは、前日までの3日間のご利用通信量が、839万パケット(約1GB)以上使うと当日6時から翌日6時まで最大通信速度は約1Mbpsとなります。

また「Pocket WiFiプラン」は毎月のご利用データ通信量が7GBまでのプランです。「標準モード」でご利用のデータ通信量が7GBを超えた場合、当月末までデータ通信速度の低速化(送受信最大128Kbps)を行います。

使い放題プランに関しては、Pocket WiFiの方が制限時間が1時までと1時間短いです。3日で10GB以上利用すると速度制限という点と制限後の速度が約1Mbpsとなる点は同じです。

Pocket WiFiプランに関しては、3日間で1GB以上で制限となっており、Wimaxの「UQ Flatツープラス」3日で10GB以上で速度制限と比較すると条件は厳しいことが分かります。また、Pocket WiFiプラン当日6時から翌日6時までと制限時間が長いので、Pocket WiFiプランを契約するなら、WiMAXの「UQ Flatツープラス」の方が断然に良いでしょう。