WiMAX端末

W05にクレードル(充電器)が必要な理由!充電以外のメリットは?

クレードルとは?

クレードルとは、モバイルWi-Fiを接続して使うスタンド型の拡張機器のことです。形状としてはスマートフォンの卓上型充電器と同じです。

クレードルを一言で言えば、WiMAX端末を置いておく台ですが、タダの置き台にとどまらずWiMAX端末の充電器でもあります。端末を置くだけで端末は充電されるので、外出のときに充電切れということもありません。

また、クレードルによって置く位置は固定されるので端末がどこに行ったか分からなくなる心配がありません。

W04からW05のクレードルは進化した?

デザイン的にはW04よりW05の方がスタイリッシュになりました。端末をセットした時に統一感がありスッキリした印象でデザインが洗練されています。

今まで発売した機種の中でここまでマッチした端末とクレードルの組み合わせはなかったです。見た目的な美しさと溶け込み具合が抜群です。

W05をクレードルにセットするメリット

有線LAN接続ができる

W05のクレードル背面には有線LANケーブル用の端子挿入口がついてます。これにLANケーブルを差し込みパソコンと繋げることでWi-Fi電波での接続より通信環境が安定し快適にインターネットを楽しめます。

有線で接続できるということは、無線LANに対応していないパソコンにもwimaxの電波でインターネットができます。

有線LANが持つ最大のメリットはスピードと安定性有線LAN接続することでデータのやりとりが良くなり通信が安定します。無線LANよりも更に有線LANのほうが安定した接続を実現できます。

一般的なWebサイトの閲覧やメール送受信、LINEのメールなどの使い方くらいで、接続の安定感が使い勝手に影響を及ぼすことはありませんが、オンラインゲームのような常時ネットワークにつながっていないいけないゲームに向いているのは通信が安定している有線LANのほうです。

また、大きなサイズのデータをやりとりする時に、実際の転送速度が速くなるのも有線LANです。データ通信量の多い動画鑑賞なども、ストレスなく楽しめるでしょう。

無線LANのように電波干渉を受けたり、距離による大幅な速度低下が起こったりすることもありません。

加えて、セキュリティー面でも安心感があります。どの機器にルーターが接続されているかが明確なので、第三者による不正な通信のリスクが低減されます。

有線LAN接続は切り札となる

WiMAX端末自体は電波を掴んでいても、パソコンとWiMAX端末の間の接続が上手くかないと通信が安定しません。室内にいろんな電子機器や通信機器のような電波に干渉するものが室内に置かれていたり、電波の障害になるものが置かれている環境ですと通信に悪影響が出てきます。

無線LANが不調の時は、WiMAXの端末をセットしたクレードルとパソコンを有線LANで繋ぐことによって WiMAX端末とパソコンの間の通信を安定させることができます。

出張・旅行先のホテルで役に立つ

出張先のビジネスホテルや旅行先の旅館などで有線LAN端子はあるものの無線LAN環境が整備されていない場合に有線LAN接続できるクレードルは役に立ちます。

ホテルや旅館などの有線LAN接続での通信はSIMカードに依存しないので、月間データ通信量制限のあるWiMAXのデータ通信量を節約することが出来ます。

また、ホテルに無線LANはあるものの電波が悪い時に有線LAN接続は役に立ちます。有線LANと無線LAN2つの選択肢があることで、その時々において条件の良い方を選択することができるのです。

充電が楽になる

W05を充電する時に、USBケーブルでW05本体の端子を挿し込むより、クレードルにセットするほうがスムーズに挿入できます。片手でワンタッチでセットが可能で、充電を行う作業が楽になります。

レードルがないと充電時にいちいち充電ケーブルをの端末本体に抜き差しをする手間が掛かります。しかし、コンセントに接続した状態のクレードルを設置しておけば、そこに端末本体を差し込むだけで簡単に充電を行うことができます。

クレードルの様な卓上に置いた方が、ディスプレイも見やすく操作もしやすいです。

W05をセットすると自動でハイパフォーマンスモードに切り替え

W05本体をクレードルに設置すると、ハイパフォーマンスモードに自動的に切り替わる便利な機能がついています。

自分でハイパフォーマンスモードに切り替えるには、画面のロック解除して設定画面開いてと手順を踏んでいくので面倒なところがありますが、W05はクレードルにセットするだけで自動でハイパフォーマンスモードに切り替わるので楽です。

クレードルにセットにセットすることで、電源はコンセントから直接供給される状態となりますのでバッテリー持ちを心配する必要はなくなります。

バッテリーの減りを気にしないで済む以上は、性能をフルで使えるハイパフォーマンスモードにしたほうが快適で良いわけです。

W05では3つのモードがあります

  1. ハイパフォーマンスモード
  2. WiMAXの最大スペックを使用し、高速通信を行うモードです。
    最大558Mbpsの高速通信で使えます。(au 4G LTE回線併用時は最大708Mbps)

  3. ノーマルモード
  4. 初期設定されているモードです。ハイパフォーマンスモードより省エネ動作するモード。
    最大220Mbpsでの接続です。

  5. バッテリーセーブモード
  6. 通信速度を落としてバッテリーを長時間持たせるモードです。
    最大110Mbpsでの接続となりバッテリー持ち時間は最長になります

WX04の連続通信時間は3つのモードにより異なります。

ハイスピードモード(WiMAX2+)  

  • ハイパフォーマンスモード  約 6.5時間
  • ノーマルモード     約 9時間
  • エコモード    約 10.5時間  

無線ルーター代わりになる

W05とクレードルをセットにすると光回線などの固定回線の無線LANルーターとして活用することができます。クレードルに光回線のLANケーブルを挿すだけでW05がアクセスポイントとなり無線LAN接続できるようになります。

それにより光回線用の無線ルーターの代わりとなります。

しかも、この通信をしている時のデータ通信は固定回線のものなので、WiMAXの通信容量は使わないから通信制限を一切気にすることがありません。

W05を自宅では固定回線の代わりとして使える

WiMAXを固定回線としても使っている人はクレードルがあると快適になります。WiMAXには持ち運びができない固定ルータータイプの端末もありモバイルルーターよりも受信感度が良かったり、クレードルなしでも有線LAN接続ができたりするので、家でしか使わない人はそちらを使うことをおすすめします。

しかし、屋外で持ち運びして利用する人はモバイルルーターが必要です。その場合はクレードルを利用すれば有線LAN接続が可能になりますし、クレードルがあることで安定した設置が可能になります。

USBケーブルを守る

USBケーブルで充電するとなると、充電する度にUSBに挿したり、使う度に外したりを繰り返すのでケーブルが傷んでしまいますが、クレードルがあればケーブルはいじらないでワンタッチで端末を挿入し充電できるので、ケーブルへのダメージはなくなります。

時計代わりになる

W05の、ディスプレイに時刻が表示されるので、クレードルにルーターを立てておけば「置き時計」の代わりになります。暗いところでもディスプレイが光るので、ちょっと時間を確認したい時には便利です。

充電忘れの防止

W05をカバンやポケットに入れたままですと、ついうっかり充電を忘れてしまうことがおきてきます。常に、クレードルに置くことを習慣化しておけば充電を忘れることはありません。

常に満タンの状態で外に持ち運びできるのです。

WX04とW05のクレードルどちらが性能が良い?

WiMAXのクレードルは端末によって機能は全く異なります。似たようなデザインで同じ機能に見えますが、性能面は差が生じています。

W05のクレードルは一般的なクレードルに対して、WX04のクレードルはWウィングアンテナを搭載しており、電波を強化してくれる性能があります。よって、クレードルとしての性能はWX04の方が断然に格上です。

自宅でWiMAX回線を接続する際に、WiMAXがある部屋は繋がりやすいですが、距離が遠くなることで電波が弱くなり接続は悪くなります。

WX04のクレードルはWiMAX電波を強化してくれるので、1階にWX04をクレードルにセットしても2階まで電波が届き快適にインターネットをすることが可能です。

W05のクレードルはアンテナがついているわけではないので、電波が良くなったり、速度が速くなるといったことはありません。

クレードルは接続不具合の原因切り分けができる

自宅で無線LAN接続でパソコンを使っている、接続障害が起こった時、プロバイダからルーターへの接続が悪いのか、ルーターからパソコンへの接続が悪いのか、の原因特定の切り分けが困難です。

しかし有線LAN接続でパソコンとルーターを直接つないでおけば、その間で接続不良が起こることは考えにくいので、プロバイダの通信が混雑や問題を起こしているなどといった原因を特定することができます。

W05にクレードルが必要な人

  1. WiMAXは主に自宅で使い固定して置きたい
  2. 充電する時にワンタッチで挿入したい
  3. 有線LAN接続を使う
  4. WiMAXをスッキリと置きたい
  5. 無線LANアクセスポイントにしたい
  6. 置くだけで簡単に充電できるようにしたい
  7. 端末がどこにあるか分からなくなりそうな人

W05にクレードルが不要な人

  1. 充電はUSBで十分
  2. WiMAXは屋外でばかり使う
  3. WX04のようにアンテナの受信感度が上がらないなら必要ない
  4. 家の固定回線(光回線など)とつないで、Wi-Fiの電波を飛ばす必要がない
  5. Wi-Fiに対応していないパソコンは持っていない。持ってるのは無線LAN

クレードルはACアダプタが必要

クレードルは、WiMAXルーターに付属しているUSBケーブルだけでは動きません。別売りのACアダプタが必要になります。それはUQアクセサリーショップで購入できます。

「TypeC共通ACアダプタ01U」で税込み2970円です。

クレードルの入手方法

WiMAX契約時に端末とセットで購入する

プロバイダとWiMAXを契約する際に端末を選びますが、セットでクレードルを購入することができます。選んだ端末に合ったクレードルが自動で選択されるのでクレードルの種類を間違えることはありません。

ただし、端末は無料でもクレードルは別途料金が発生します。

UQアクセサリーショップで別途購入する

WiMAX契約時にクレードルを購入しなかった場合は、後からクレードルだけ申し込むことはできません。

ネット通販で「UQアクセサリーショップ」があります。そこではACアダプタや電池パックといったWiMAXの周辺機器を取り扱っており、クレードルも販売されています。

クレードルは機種ごとに専用になっており、対象機種以外では使用できないため、別途購入する際は購入した端末専用のクレードルを購入しましょう。

WiMAXキャッシュバック額は一番多いプロバイダです。W05を2年契約でも32300円キャッシュバックされるので3年の長期より2年の短期でキャッシュバックが欲しい人に向いています。 キャッシュバック特典は、端末発送月を含む11ヶ月目に基本メールアドレス宛にキャッシュバック特典の振込に関するご指定口座確認のご案内メールを送信し、ご返信があった翌月末日(営業日)にご指定の口座に振り込みとなります。
詳細ページ公式ページ
最大30,000円キャッシュバックキャンペーンと月額大幅割引きのキャンペーン内容を実施中です。 口座振替の場合もキャッシュバック対象ですが、15,000円のキャッシュバックと少なくなりますが6ヶ月目で貰えるので早いのは魅力的です。 BIGLOBE WiMAXは、1996年というインターネットがそれほど普及していない時代からネット通信事業を始めた老舗中の老舗で安心感から支持されています。
詳細ページ公式ページ
Flat 3年ギガ放題またはWiMAX 2+ Flat 3年をお申し込みの方のいずれかにお申し込みいただき、お申し込み時にご購入いただいた@nifty WiMAX(ワイマックス)対応機器が発送された方には機器発送月を含む5カ月目にキャッシュバックお受け取りできます。 3年契約限定ですが、5ヶ月目と早く30100円のキャッシュバックが受け取れるのが最大の魅力です。
公式ページ