WiMAX

WiMAXのセキュリティを強化する方法!情報漏洩の危険はある?

WiMAX2+のセキュリティの基礎から

WiMAX2+を利用してインターネットに接続するためにはルーターを経由する必要がありますが、そのルーターにインターネットに接続するための端末を認識させているのですが、この認証方式としてWiMAX2+ではIDとパスワードを設定しています。

IDとパスワードが一致しないとルーターがあってもスマホなどの端末からネット接続ができません。IDとパスワードで認証された特定の端末でなければ接続することができないのです。

WiMAX2+の対応エリアは現在も拡大中ですが、利用可能エリアにてインターネットに接続可能な機器を持っていても、ルーターで認証できないとWiMAX2+の電波を使えないのです。

以上の流れからWiMAX2+でネット接続する際の危険性は低いです。

WiMAXのセキュリティは大丈夫?

WiMAXは、無線接続でネットを利用するのでセキュリティに不安があるとの見方をしている人がいます。特に、インターネットやコンピューターの扱いが苦手な方の場合、「無線」と聞くと漠然と危険なイメージを持ってしまいがちです。

どんな心配をしているかと言えば「他の人に電波を使われてしまうのではないか」「パスワードなどの個人情報を盗まれてしまうのではないか」などの懸念があるようです。

WiMAXは最新の技術でしっかりと暗号化されて管理されていますので安全です。WiMAXでやり取りされる情報は、現存するコンピューターの能力では解読するのに数十億年かかると言われている暗号化技術「AES」が使われ管理されています。

30億年というと事実上解読は不可能と考えて良いでしょう。

暗号化技術「AES」で、インターネットを飛び交う情報を暗号化した状態で通信するという技術ですので、仮に情報が抜き取られたとしても暗号化されていますので解読することができず、安全性が保たれた状態となります。

AESとは

AES暗号とは、アメリカ合衆国で先進的な暗号規格 (Advanced Encryption Standard) として新たに規格化された共通鍵暗号方式による暗号です。

ASEでは暗号化された情報データの解読、パスワードを不正に入手することが非常に困難になっています。

無線通信では電波の届く範囲内であれば通信を傍受される危険性が伴うため、必ず通信内容を暗号化する技術が働いています。もしも通信内容を傍受されてしまえば、各種IDやパスワード、クレジットカードの情報なども盗まれてしまいます。

暗号化を行う方法には、主にWEPとTKIP、AESの3種類があります。以前に用いられていたWEPやTKIPの暗号化の方法を見直し、TKIP と同じデータ生成方法を採用した方式であるAESは特に強力です。WEPやTKIPの脆弱性を修正したことで、AESでは暗号化されたデータの解読や、パスワードを不正に入手することが非常に困難となっています。

AESは128ビットと192ビット、256ビットの3種類のカギを用いて、複雑なアルゴリズムで暗号化する方法で、現存する暗号化技術のなかでも非常にセキュリティが高い方法です。

代表的な暗号化技術の方式は以下です。

  AES WPA2 WPA WEP
暗号化の鍵 128・192・256ビットの3種類 一定時間ごとに暗号キーを変更 一定時間ごとに暗号キーを変更 一定数の半角英数字と半角記号から設定。
セキュリティ 非常に高い。TKIPより安全とされている。 WEPより安全とされている。WPAの改良版。 WEPより安全とされている。 あまり高くない。
利用分野 無線LAN通信 無線LAN通信 無線LAN通信 無線LAN通信

更にwimaxには端末ごとにIDとパスワードが割り振りされており、パスワードを知らなければ第三者が自分の回線に侵入することはできません。

このように、WiMAXのセキュリティは非常に強力です。さらに、WiMAXの場合は最初からセキュリティ設定がされているため、安心して使用することができます。

WiMAXで通信データを傍受されない?

WiMAXはセキュリティ対策に力を入れておりデータを送受信する場合には必ず暗号化されるのでWiMAXの回線を使ってインターネットに接続して通信データを傍受されたりデータが流出するようなことはありません。

WiMAXのセキュリティは、最新の技術を使っており、フリーWi-Fiなどに接続でもしない限りは安全性を保てます。暗号化されたデータを解析するのには膨大な時間が必要でデータが傍受される心配はなく安全性は高いです。

WiMAXで送受信するデータを暗号化する際にはAESと呼ばれるセキュリティシステムを使っていて、Wi-Fiなどで使われているWEPなどの脆弱性を修正しているので暗号の解析がより一層難しくなっています。

現段階ではAESで暗号化されたデータを解析して傍受することは不可能なのでデータが流出する恐れや通信が傍受される可能性は極めて低いです。

また傍受以外にもWiMAXでは端末ごとにIDとパスワードが設定されていてパスワードが分からなければ回線に侵入できません。

更にはパスワードを解読が困難なものに変更したり、定期的にパスワード変更を繰り返すことで安全性が高まり回線に侵入されるリスクは低くなります。

大文字や小文字や数字などをパスワードとして設定できるので、複雑なパスワードにして安全性を高めると更に良いでしょう。

AESのパスワードは8ケタから63ケタ(16進数入力の場合は64ケタ)で設定可能で桁数が多く、様々なアルファベットを組み合わせたパスワードで設定すればWiMAXのセキュリティを最大限強化することができます。

逆にケタ数の少ないパスワードを設定してしまうと、簡単にパスワードを盗まれてしまう危険性があります。それではAESのセキュリティ能力が無駄になってしまうだけでなく、盗まれたパスワードを変更されて取り戻せなくなってしまうので、パスワードを設定する際は、アルファベットの大小と数字を組み合わせて複雑化し、できる限り長いケタ数のパスワードを設定するよう注意しましょう。

WiMAXを使う上でのセキュリティ設定

高度な暗号化方式で通信を行う

パソコンやスマートフォンとWiMAX端末は無線でデータ通信を行っていますが、このデータは「暗号化」という処理が行われています。

暗号化をされているのでデータ自体が傍受されても解読することは困難ですが、暗号化はさまざまな方式があります。暗号化の方式によっては簡単に復元されて内容を解読されてしまうリスクが生じます。

より安全性を高めるためには、解読されにくい暗号化方式で通信を行う必要があるということです。

現在主流の暗号化方式3つ

  • WEP
  • WPA(TKIP)
  • WPA2(AES)

この中でセキュリティが低いのがWEPで、WEPの弱点を補って通信を解読されにくくしたのがWPA(TKIP)、WPAに更なる改良を加えてよりセキュリティを強固にしたのがWPA2(AES)です。

現在のWiMAX端末はWPA2にまで対応していますが、古い端末を使っている場合は古い暗号化方式なので注意が必要です。

SSIDとパスワードを定期的に変更する

SSIDとは、無線LANのアクセスポイントを識別するための名前のことです。無線LANのアクセスポイントが複数ある場合に、どのアクセスポイントに接続するかを指定する必要があり、SSIDは、そのために利用されます。

スマートフォンやパソコンの「設定」項目を開き、「Wi-Fi」の詳細を確認すると、その場所で利用できるSSIDがすべて表示されています。

パソコンやスマートフォン側がモバイルWi-Fiルーターを探す時、通信圏内で電波を出しているモバイルWi-Fiルーターが複数ある場合に接続候補としていくつも表示されますが、その中から自分が使っているモバイルWi-Fiルーターを見つけるためにSSIDが振られています。

このSSIDは初期状態ではモバイルWi-Fiルーターのメーカー名や機種名などが含まれたものになっていますが、モバイルWi-Fiルーターにセキュリティ上の脆弱性があった場合は、攻撃のターゲットとして狙われやすくなります。

安全性を高める為に、「SSID」「パスワード(暗号化キー)」の2つの変更が有効です。変更は専用の設定サイトへアクセスすることで簡単にできるようになっています。

AESのパスワードは8桁~63桁(16進数入力の場合は64桁)まで入力が可能ですので、できれば桁数の多いパスワードを選択するようにしてください。

パスワードは桁数が多ければ多いほど安全性が高まり、数字だけでなく文字や記号を入れることや大文字と小文字を区別することでも安全性を高めることができます。

使わない時は電源を切る

モバイルWi-Fiルーターを使っていなかったとしても、モバイルWi-Fiルーターの電源が入っていれば誰かに勝手に使われてしまう可能性が出てきます。

電源を切っておけば誰かに勝手に使われることはありません。いつでもすぐに使えるようにする為に電源を入れっぱなしにしておくのはセキュリティ的には危険な状態です。

WiMAXキャッシュバック額は一番多いプロバイダです。W05を2年契約でも32300円キャッシュバックされるので3年の長期より2年の短期でキャッシュバックが欲しい人に向いています。 キャッシュバック特典は、端末発送月を含む11ヶ月目に基本メールアドレス宛にキャッシュバック特典の振込に関するご指定口座確認のご案内メールを送信し、ご返信があった翌月末日(営業日)にご指定の口座に振り込みとなります。
詳細ページ公式ページ
最大30,000円キャッシュバックキャンペーンと月額大幅割引きのキャンペーン内容を実施中です。 口座振替の場合もキャッシュバック対象ですが、15,000円のキャッシュバックと少なくなりますが6ヶ月目で貰えるので早いのは魅力的です。 BIGLOBE WiMAXは、1996年というインターネットがそれほど普及していない時代からネット通信事業を始めた老舗中の老舗で安心感から支持されています。
詳細ページ公式ページ
Flat 3年ギガ放題またはWiMAX 2+ Flat 3年をお申し込みの方のいずれかにお申し込みいただき、お申し込み時にご購入いただいた@nifty WiMAX(ワイマックス)対応機器が発送された方には機器発送月を含む5カ月目にキャッシュバックお受け取りできます。 3年契約限定ですが、5ヶ月目と早く30100円のキャッシュバックが受け取れるのが最大の魅力です。
公式ページ