GMOとくとくBBとは?

GMOとくとくBBとは、お名前.comやGMO証券などを展開するGMOインターネット株式会社が運営するインターネットサービスプロバイダ(ISP)です。

インターネットプロバイダ関連事業へ参入したのは1995年なのでサービス提供歴は20年以上の老舗です。一部上場も果たしています。

プロバイダとは、モバイルモバイルWi-Fiルーターや固定回線を仲介する業者のことです。

GMOとくとくBBはWiMAXだけではなく、フレッツ光・auひかり・ドコモ光等の光回線のプロバイダでもあり、スマホに挿して使う格安SIMカードも提供していたりします。

GMOインターネット株式会社はグループ会社がいくつかあります。GMOペイメントゲートウェイ株式会社、GMOクラウド株式会社についても一部上場会社となっています。

またGMOアドパートナーズ株式会社、GMOアドパートナーズ株式会社、GMOクリックホールディングス株式会社についてはジャスダックに上場しています。

GMO TECH株式会社、GMOメディア株式会社については東証マザーズに上場しています。グループ全体で上場を果たすなど営業成績が順調であることが垣間見れる企業でもあります。サーバーレンタルの「お名前ドットコム」などでもおなじみの企業です。

GMOインターネットグループはドメイン事業・レンタルサーバー事業で国内シェア最大手で、WiMAX等のモバイル以外の事業に関しても、WEB関係者インターネットサービス関係者では超有名な一社なのです。

GMOとくとくBBはキャッシュバックが一番大きい

WiMAXを契約する際にGMOとくとくBBを選ぶ最大のメリットはキャッシュバック金額が大きいことです。他社プロバイダと比較しても一番キャッシュバックで貰える金額が大きいです。

ギガ放題3年契約プランの料金比較

 GMOとくとくBBUQ WiMAXBIGLOBESo-net
受取月 料金3609円3696円3695円0円
1~2ヶ月目 料金3609円3696円3695円4179円
3~24ヶ月目 料金 4263円4380円4380円4179円
25ヶ~36ヶ月目~ 料金4263円4380円4380円4179円
総支払額151,506円155,628円155,625146,265円
キャッシュバック36000円10000円20000円40700円
実質支払額115,506円145,628円135,625円105565円
セット内容W05W05W05
W05

キャッシュバックを加味すると、3年間の実質の支払額はGMOとくとくBBがトップクラスで安いです。

GMOの端末・プラン・年数別キャッシュバック金額

端末は、最新のNEC製WX04、もしくはHUAEI製のW05がおすすめです。

WX04の長所はクレードルに搭載された拡張アンテナでの電波の良さとバッテリー容量の豊富さです。自宅の電波状況が不安ならWX04にしましょう。

W05を選ぶメリットは通信速度です。最高速度(下り最大708Mbps、上り最大75Mbps)に対応します。

WX04とW05のどちらも「WiMAX2+」と「au 4G LTE」で利用する回線は同じです。

au 4G LTEは人口カバー率99%の回線ですが、通常では月額1,005円のオプション扱いになります。しかし、3年契約すると無料になるので3年契約をおすすめします。

 W05WX04W04WX03L01s
2年31500円32000円33000円31000円
2年(クレードルセット)28400円29000円29000円
LTEオプション無料プラン(3年)36000円35800円31500円35100円
LTEオプション無料プラン(3年)(クレードルセット)32500円32000円28500円

GMOのキャッシュバックが高い理由

GMOとくとくBBは、Webでの集客に特化しているため、人件費や事務所費用を安く抑えることができます。そのため、削減した費用をそのまま購入者にキャッシュバックすることができます。

またGMOとくとくBBの運営元であるGMOインターネット株式会社はネットでの販売代理店の中でも最大手です。月間の販売台数が最も多いため、WiMAX本家からの販売奨励金を圧倒的に貰っており、ネット販売代理店の中でも最高レベルのキャッシュバックを実現しています。

プロバイダ側が基準にしている集客力は「同じサービスでも、競合他社よりどれだけ安くお客さんに提供できるか」ということです。それをGMOは理解し大事にしているからこそ高額キャッシュバックを実現しています。

もちろんサポート体制がしっかりしているに越したことはありませんが、価格が安いことも大事です。最安なのでGMOをおすすめしたいです。

20日以内ならキャンセル可能

他社プロバイダはWiMAXを契約しても、基本的にキャンセルは不可能です。しかしGMOとくとくBBの場合は、20日以内の契約ならキャンセル可能となっているので、リスクは全くありません。

GMOはこんな不安を解消します。

  • 自宅のエリアは○だけど、室内での通信速度に不安がある
  • 利用エリアに問題はないが、初めてWiMAXを利用するので、一度試してから申込みたい

実際にWiMAXを使ってみないと分からないお客様の為に、キャンセル制度はあります。

ただし、キャンセルには条件があります。

  • ご解約・ご返品の前に事前にGMOとくとくBBお客さまセンターに「20日以内の返品」の旨をご連絡
  • ピンポイントエリア判定で〇の人のみ無償返品適用可能

キャンセル手順

  • まずはお客さまセンターにて受付
  • 「GMOとくとくBB」お客さまセンター 0570-045-109 平日10:00 ~19:00
    ※事前にお電話がない場合、キャンセルをお受けできない場合がございます。

  • キャンセルのため返品商品を送る(返送料はお客さまご負担)
  • キャンセルされるWiMAX端末を返品ください

【WiMAX2+ 返送先】

〒150-8512 東京都渋谷区桜丘町26-1 セルリアンタワー
GMOインターネット株式会社 GMOとくとくBB 行
(TEL:0570-045-109)

ただし、無料でのキャンセルを行う上で条件があるので、必ず契約前に確認してください。

GMOとくとくBBのキャッシュバック受け取りは難しい?

GMOとくとくBBは、他のWiMAXプロバイダよりも圧倒的に安く利用できることは、実質支払額計算から明らかです。それでも1つ懸念があるとすれば、キャッシュバックの受け取り手続きを忘れてしまうというものです。

しかし、キャッシュバックの受け取り方法は他のプロバイダでも大きな違いはなく、期限までに申し込めなかった場合に救済措置がないという点はどこのプロバイダでも同じです。

キャッシュバック特典は、端末発送月を含む11ヶ月目に基本メールアドレス宛にキャッシュバック特典の振込に関するご指定口座確認のご案内メールを送信し、ご返信があった翌月末日(営業日)にご指定の口座に振り込みます。

基本メールアドレスはGMOとくとくBBへのご入会時にお作りいただくメールアドレスとなります。また、振込時期までに以下に該当する場合、キャッシュバック特典は適用されません。

  • 特典対象接続サービスの変更
  • 特典対象接続サービスの解約
  • 未納によるサービス一時停止または強制解約
  • ご指定口座確認のご案内メールの送信日より翌月の末日までにお受取口座のご連絡をいただけなかった場合、またはお受取口座情報に不備がある場合
  • その他GMOとくとくBBが対応困難と認めるものがあった場合

11ヶ月目に1通の電子メールが送られてきて、そのメール内容を見ながら手続きを進めないとキャッシュバックを受取る権利が無くなります。

11ヶ月目のいつ届くかもわかりませんし、契約から11ヶ月も経過しているのでメールに気付かずにキャッシュバックを受け取れなかった人が続出しています。

利用開始後1年近くたってから、唐突にキャッシュバックに関するメールを送られても気づかない人が多いようです。気を抜いて過ごしていたら、うっかり忘れてしまってキャッシュバック目的で選んだのにキャッシュバックを受け取れずに終わってしまうなんてことが多発しています。

11ヶ月目にメールが来ることを忘れずにきちんとメールを確認して、手続きを進められるなら、キャッシュバック金額が高いGMOでの契約はお得となります。

もし、キャッシュバック受け取り手続きを行えるか不安な方は、月額割引キャンペーンにしましょう。

キャッシュバックには条件があります。

  1. 同じ名義で過去に契約していないか(新規契約か)
  2. 過去に同じ名義で契約していた場合は、キャッシュバックは受け取る事ができません。「過去の同じ名義」の定義は、今回のWiMAX GMOとくとくBBの契約です。

    キャンペーンはGMOとくとくBBに新規にご入会となる方が対象となります。過去にGMOとくとくBBと契約され、現在退会済みの方は対象外となります。 キャンペーン期間中に本キャンペーンページよりお申し込みいただいた方のみ対象となり、過去に本キャンペーンの適用を受けた方は対象外となります。

  3. 他のキャンペーンと併用はしていないか
  4. タブレットの配布や商品券の配布キャンペーンを他に行っていることがあります。

    それらの 違うキャンペーンを既に適応してしまっている場合は、キャッシュバックキャンペーンを利用することができません。

契約者の名義が違えばキャンペーンは適用される

GMOのキャッシュバックは、同じ名義で過去に契約した人は対象外ですが、同居している人を契約者として再契約するのは対象となります。両親や奥さんや子供を契約者にすれば良いです。

もちろん、同居している家族が過去にGMOとくとくBBのサービスを利用したことない場合に限ります。

商品が届くまで

「即日発送」を選択された場合、平日17時、土日祝日14時までの申込み完了であれば、当日に発送いたします。受付時間が過ぎてしまいますと翌日発送となります。

GMOの故障対応

WiMAX端末はスマートフォンなどと違い直接操作をすることは殆どないため、電源を入れたらテーブルに置くか、ポケットやカバンの中に入れたまま使うので、故障することは少ないです。

それでも、初期不良や、通常使用していても故障するケースがあります。

GMOとくとくBBは、故障した場合はauに持ちこみの対応は認めておらず、故障したらGMOとくとくBBへ郵送し、修理後返送という対応しかしておりません。

auショップに持ち込めば代替機種などを修理期間中は貸してもらえますが、郵送で修理対応しているGMOは代替え機がないまま修理が終わるまでの期間手元に何もないまま待つ事になります。

問い合わせで電話はつながりにくい?

GMOは問い合わせ電話がつながりにくいです。メール問い合わせにおいても返信が届くまでに数日かかったという利用者は多く、サポート体制がしっかりしてない印象が見受けられます。

これは、WiMAXのシェアはダントツでGMOとくとくBBが大きなシェアを得ている状態だからです。

そのためユーザーが増えすぎて、サポートが混雑し、サポートが追いついていない実情があります。どの業界の大手も、ユーザーが増えすぎるとサポート対応が後手に回りがちになってしまうのでGMOとくとくBBも例外ではありません。

GMOは余計なサービスがついていない

プロバイダによっては、毎月数百円の会員料金を支払う必要があったり、余計なオプションサービスに強制加入させられる場合があります。

GMOなら、会員料金を支払う必要はありませんし最初から余計なオプションサービスを全部外すこともできます。それにより他のプロバイダよりも利用金額が大幅に安くできます。

GMOとくとくBBの通信品質は?

WiMAX2+の通信インフラはUQコミュニケーションズが提供しているので、WiMAXのサービス内容の基本である速度制限、通信量の上限、モバイルルータ(端末)、通信速度、通信品質などは、プロバイダー間で違いはありません。

プロバイダーの設備がボトルネックで通信が遅くなる可能性はゼロではありませんが、ほとんど影響しません。

WiMAXという通信プランを利用している以上、20社以上あるプロバイダ、どれを選んでもスピードや通信量制限の規定、対応エリア、用意されたプランに違いはありません。

格安SIMの場合は通信会社によって速度の違いが出てきますが、WiMAX2+の場合、基本的に速度もエリアも一緒です。

格安SIMではプランの種類が各社でさまざまなのに対し、WiMAX2+の場合はどのプロバイダでもギガ放題と通常プランの2種しか用意されていません。

つまりGMOの様なプロバイダは窓口的な役割に過ぎないのです。「速度、エリア、プラン」に差が無いので、単純にキャッシュバックや月額料金、サービス対応でプロバイダを選ぶべきです!

ですので、回線速度・速度制限に関する評判はGMOとくとくBBの問題ではなくWiMAX2+全体に関連する評判と言えます。

ネットの口コミ評判では、「so-netが速い」「GMOは遅い」「BIGLOBEよりBroad WiMAX が速い」などの意見を見かけますが、速度やエリアはどのプロバイダもすべて同じです。

WiMAX2+は光回線と比較すれば違いはあるものの、WiMAX同士では全く同じです。WiMAX2+の場合はプロバイダによる通信速度の違いは無いと考えて良いでしょう。

ではどこでWiMAXの速度に差が出るかですが?

  • 利用している端末の種類
  • 利用する地域
  • 利用する時間帯

この3要素が大きく、速度に関係しています。エリアにより繋がりやすさや速度は影響しますので契約前に、ピンポイント・エリア診断でご確認ください。

GMOトクトクBB口コミ評判

キャッシュバック受け取り忘れがなければ大丈夫 

GMOキャッシュバックの受取は厄介な仕組みですが、11か月後に届くメールと手続きを忘れなければ問題ありません。
悪い評価が多いですが、ちゃんと規約を読んで申し込めば一番お得なプロバイダです。 

問い合わせ対応も問題なし 

メール問合せに対するレスポンスは悪くないです。対応面がしっかりしているので、これからも安心して使い続けていくことができそうです。 

安価なサービスを評価 

他社と比べても利用価格が、比較的安価で利用しやすいです。値引きなどの特典サービスが嬉しい。 

キャッシュバック受け取りは分かりやすくなった 

キャッシュバックメールはタイトルも「とくとくBBからのお知らせ キャッシュバック特典について」になっており、振込先口座を送信すると「キャッシュバック特典 銀行振込受付のお知らせ」というタイトルで確認メールが届きます。しかし入力からキャッシュバックまで最短1ヶ月かかるのは遅いと思いました。 

キャンセルができなかった 

実際に使い始めてみると期待していたよりも遅かったので、プロバイダに20日以内キャンセルを申し込みました。
ところが、「貴方の住所はUQ社のピンポイントエリア判定リストに無いので、20日以内キャンセルはできません。」との回答でした。 

サポート面 

メールでの回答が早くなりましたが、即答は無理です。どこも同じかもしれませんが、基本電話はつながりにくく、何度かかけ直してほぼ諦めます。

値段だけで考えると最強 

回線速度が遅いのはWimax回線自体の問題でとくとくBBは関係ありません。GMOのサポートは悪いですが、特にサポートされることもないので私には関係ないです。自分で全部できるなら、実質支払額が安いGMOの選択はお得です。サポートありきで考えているかたは本家UQをおすすめします。 

サポートは意外と大丈夫でした 

問い合わせになかなか出てくれないような口コミがあったので心配していましたが、不安に思うことや、問い合わせにその都度しっかり答えてくださり、安心しました。 

土日はサポートが期待できない 

ここは土休日はサポートを受けられないという事を頭に入れておいてください。今は表向き年中無休と言ってますが、土休日にいるのは「技術サポート」スタッフのみです。

この技術サポートというのは、要するに端末側の初歩的な設定に対するアドバイスをするか、回線側でトラブルを起こしている際に物理回線の業者に取り次ぐだけ、というものです。

料金・アカウント周り等で土休日にトラブルが起きたときは休み明けまで解決しないと思ってください。 

電波はGMOが原因ではないことを理解 

旧WiMAX機種をBIGLOBEで使っていましたが、更新時期に案内された無料機種がこちらの希望するNEC機種ではなかったので、GMOに乗り換えました。

モバイル機器にしか使っていないので特に不満はなし。安定しないのはWiMAXの特性であり、BIGLOBE時代でもよくあったので問題なしです。 

WiMAXを安く使うなら「GMOとくとくBB」がおすすめ

「GMOとくとくBB」は、最も安くWiMAX2+を使用できるプロバイダです。

キャッシュバックでは他プロバイダと同様、注意が必要ですが、注意事項を押さて守れば確実にキャッシュバックは貰えるので心配はありません。

サポート面に関しては、やや不安が残りますが、実際プロバイダに問い合わせすることは殆どないし、WiMAXの設定で難しいことは何もないので、サポートの多少の悪さは気にすることありません。