WiMAXの「4G LTE」月間7GBでは足りないor3日間で10GB以上利用時の通信制限が気になるなら「NEXTmobile」がおすすめ

NEXTmobile

ソフトバンクの回線を使ったモバイルルーター「ネクストモバイル」は、最大で月に50GBまで「Softbank 4G LTE」が使えます。

WiMAXでは月額1005円の「LTEオプション」が必要だった「4G LTEによる安定した通信」が、ネクストモバイルでは標準で備わっています。

つまり、WiMAXに対するネクストモバイルの優位性は、「定額の範囲内で4G LTEによる大容量で通信ができる点」「ビル陰や地下街でも安定して高速通信ができる点」です。

ネクストモバイルをWiMAXに置き換えると、「最大で月に50GBまでau 4G LTEを使える」状態です。

WiMAXの「au 4G LTE」を使えるハイスピードプラスエリアモードは、どのプロバイダも月に7GBまでしか使うことができませんが、NEXTmobileは月間で最大50GBまで使えるのでデータ通信量に余裕があります。

WiMAXのギガ放題を契約すると「ハイスピードモード(WiMAX2+)」は無制限ですが、ハイスピードプラスエリアモード(au 4G TLE)は月間7GBなので、LTEを思う存分に使えず不便です。

この「ハイスピードプラスエリアモード」での通信が月に7GBを超えてしまうと「ギガ放題プラン」での契約であっても7GBで速度制限がされてしまい、通信速度は128Kbpsになってしまいます。

WiMAXの「ギガ放題プラン」に関しても、使い放題・データ容量無制限」ですが、全く制限がないわけではありません。3日間で10GB以上を利用すると速度1Mbpsへ制限されます。

ネクストモバイルでは毎月のプラン20GB・30GB・50GBの上限を超過した場合の速度制限以外に、速度制限のルールがありません。毎月のデータ容量上限だけを管理できれば良いです。

ネクストモバイル申し込みページはこちら

WiMAXではなく、ネクストモバイルを契約した人が良い人

  • WiMAXのハイスピードプラスエリアモード(au 4G TLE)月間7GBでは足りない
  • ハイスピードモード(WiMAX2+)は月間7GBの通常プランでも足りないし、ギガ放題の無制限でも多い
  • 4G LTEを大容量で使いたい
  • 週末の旅行で4G LTEを3日10GB以上を集中して使いたい
  • ビルの陰や室内の奥まった場所、地下街などの利用が多い

ネクストモバイルではなく、WiMAXを契約した人が良い人

  • 月間50GBでは足りない
  • 1日3GBのペースでネットを使う
  • LTEよりWiMAX2+メインで使いたい
  • WiMAX2+エリア内での利用がメイン
  • WiMAX2+で圏外や電波不安定など困ることはない
 1~24ヵ月2年間合計最低利用期間
20GBプラン2760円66240円2年間
30GBプラン3490円83760円2年間
 1~12ヵ月13~24ヵ月2年間合計最低利用期間
50GBプラン2760円4880円91680円2年間

ネクストモバイル申し込みページはこちら

BIGLOBE WiMAXキャッシュバックキャンペーン

ネクストモバイル(NEXT mobile)とは

ネクストモバイル(NEXT mobile)とは、WiMAXと同じく、外出先や自宅などどこでもインターネットができるWiFiモバイルルーターです。

ネクストモバイルの知名度が低いのは、WiMAXのBIGLOBEやGMOやSo-netのようにネット上に広告を出さないからです。広告は良いサービスほど出しません。

ネクストモバイルは、2016年にWiFiサービスが開始されましたが料金が安いという口コミが広がり、最安のWiFiとして認知度が上がってきています。

人気の大きな要因は、信頼のソフトバンク(SoftBank)のWiFi回線を利用しているからです。ネクストモバイルを知らない人でもソフトバンクなら知らない人はいないでしょう。信頼と実績のあるソフトバンク回線を使っているモバイルWi-Fiなら安心ということで支持されています。

ネクストモバイル(NEXT mobile)の速度は速い?

ネクストモバイルは、ソフトバンクの4G回線(4G/4G LTE)を利用しているので通信速度が速く、安定した速度を保つことができます。

4G回線とは、スマートフォンと同じ回線なのでイメージがつきやすいでしょう。下りの最大速度は150Mpbsを誇ります。

格安SIMのように速度が落ちることはありません。ソフトバンクユーザーと全く同じ回線を利用できるので、速度もエリアも同じです。

4G LTEのメリットは、サービスエリアの広さと電波の繋がりやすさです。

つまり4G LTEに対応しているモバイルWi-Fiルーターのネクストモバイルなら、ドコモ、au、ソフトバンクなどのスマートフォンと比べても遜色ない広範囲なエリアで利用することができます。

ネクストモバイル(NEXT mobile)のエリアは?

ネクストモバイルは、ソフトバンクのWiFi回線なのでエリアは広いです。ソフトバンクのスマートフォンと同じエリアで利用することができるので、山奥や過疎地など以外は繋がらないことはまずありません。

ソフトバンク回線は、人口カバー率99%以上なので、日本のほとんどの場所と地域でインターネットに接続することができます。

ネクストモバイル(NEXT mobile)は本物のソフトバンク回線?

ネクストモバイルを聞いたことがない人は疑いを持ってしまいがちですが、正真正銘のソフトバンク回線です。ネクストモバイルの運営会社は株式会社 グッド・ラックです。

この会社はUQコミュニケーションズ株式会社のWiMAXの販売代理店を営業しています。要はソフトバンクから回線を安く借りて安くお客様に提供しお客様獲得を増やしています。

ネクストモバイル(NEXT mobile)を契約するなら毎月どれくらいデータ容量を使うかが決め手

ネクストモバイルを契約するなら、どれくらいデータ通信を利用するのかということは非常に大切です。

ネクストモバイルのデータ容量は最大で50GBまでのプランしかありません。例えば月間で100GB利用する人が50GBを契約した場合は2週間でデータ容量が超過して残り2週間は通信速度が遅くなります。

ネクストモバイル(NEXT mobile)がWiMAXより優れている点

ネクストモバイル(NEXT mobile)がWiMAXより優れている点1:WiMAXのエリア外でも繋がる

ハイスピードモード(WiMAX2+)は全国の主要都市で人口カバー率99%達成していますが、地方都市はまだまだ利用できない地域も結構あります。

また電波も4G回線ほど安定しないので、利用する場所によってはエリア内であっても使えないところもあります。ネクストモバイルは、WiMAXが利用できない場所でも繋がる強みがあります。

ネクストモバイル(NEXT mobile)がWiMAXより優れている点2:地下や建物内でも繋がりやすい

4G回線は地下や建物などの障害から影響を受けにくいという特徴があります。

地下鉄のホームの中や電車の中、高層ビルのオフィスの中ではWiMAXが圏外になったりして繋がらなくなりますが、ネクストモバイルは地下や高層ビルのオフィスの中でも、安定してインターネットに接続することができます。

ネクストモバイル(NEXT mobile)がWiMAXより優れている点3:WiMAXの(au 4G TLE)よりデータ容量が多い

WiMAXにはハイスピードプラスエリアモード(au 4G TLE)がありますので、ハイスピードモード(WiMAX2+)から「ハイスピードエリアモード」に切り替えれば、ネクストモバイルと同じ4G回線を利用することができます。

しかし、WiMAXのハイスピードプラスエリアモード(au 4G TLE)は、月間7GBまでしか利用できません。7GB以上を提供しているWiMAXプロバイダは1社も存在しません。

従ってWiMAXを契約した場合、月間7GB以上は4G回線を使えないということになります。一方のネクストモバイルは、20GB・30GB・50GBとソフトバンクの4G回線(4G/4G LTE)をたっぷり利用することができます。

最大50GBというとWiMAXにはハイスピードプラスエリアモード(au 4G TLE)7GBの7倍に相応する容量です。これだけ多くのデータ容量を使えるので、データ容量超過の心配がWiMAXに比べたら少なくなります。

ネクストモバイル(NEXT mobile)がWiMAXより優れている点4:2年契約で済む

ネクストモバイルの最低利用期間は2年間です。WiMAXは2年契約できるプロバイダもありますが、大半が3年契約が当たり前となってきています。

WiMAXの場合、2年契約でもハイスピードプラスエリアモード(au 4G TLE)を利用するのに月額1005円のオプション料が掛かりますが、ネクストモバイルは4G LTEを利用するのにオプション料は一切必要ありません。

ネクストモバイル(NEXT mobile)がWiMAXより劣っている点

ネクストモバイル(NEXT mobile)がWiMAXより劣っている点1:

WiMAXのギガ放題は、ハイスピードモード(WiMAX2+)を月間データ無制限で利用できます。月間で使えるデータ容量に上限の定めがないので、いくらでも使えます。

ネクストモバイルはデータ容量が最大50GBとなっており使い放題ではありません。月間で定められたデータ容量を超過してしまうと通信制限となります。無限に使えないという部分はデメリットですが、定められたデータ容量を超過しない範囲で使えばネックにはなりません。

ネクストモバイル(NEXT mobile)がWiMAXより劣っている点2:au スマートバリュー mineが適用されない

auユーザーでスマホでも定額データプランを契約している場合、WiMAXを契約すると「au スマートバリュー mine」が適用されます。

これはauスマホの月額料金が毎月最大1,000円安くなりますので、auユーザーはお得にWiMAXを利用することができます。

ネクストモバイルはau スマートバリュー mineが適用されませんので、auスマホが1000円割引にはなりません。

WiMAXよりネクストモバイルを契約した方が良い人

WiMAXよりネクストモバイルを契約した方が良い人1:WiMAXよりLTEを中心に使いたい

意外と多いのがWiMAXのギガ放題を契約したけど、建物内や地下や過疎地で圏外となってしまい不便なケースや月間のWiMAX利用データ容量が30GBにも満たないケースなどがあります。

かえってLTEメインのネクストモバイルを利用した方が圏外になることもなくストレスを感じず快適に利用できる場合があります。

WiMAXの最大の利点はLTEより速度が速い点ですが、その利点を活かすには電波が届く場所で利用しなければ活きてきません。圏外連発で繋がりにくいような場所ばかりでネットを使う方は、ネクストモバイルを選択した方が得策となりえます。

WiMAXよりネクストモバイルを契約した方が良い人1:週末に10GB以上のデータ容量を使って動画を集中的に視聴したい

WiMAXのギガ放題は完全無制限ではなく3日間で10GB以上を利用してしまうと通信制限があります。直近3日間でのデータ通信量が10GBを超えた場合は、超過日翌日の18時頃から翌朝2時頃まで 概ね1Mbpsに通信速度を制限されます。

一方のネクストモバイルは、どれだけ利用しても月間データ容量を超過しない限りは通信制限にかかりません。

ネクストモバイル(NEXT mobile)とWiMAXを比較

ネクストモバイル(NEXT mobile)とWiMAXを比較1:周波数帯の違いによる電波の特性

WiMAXが使う高周波数の電波のイメージ

高周波数の電波は直進性が強いためビルや山といった障害物を避けにくく、またコンクリートを透過しにくいため 屋内へ電波が届きにくいというデメリットがあります。

ネクストモバイルの低周波数の電波のイメージ

低周波数の電波は、直進性が弱い代わりに障害物を回り込みやすく、さらにコンクリートを透過しやすいので屋内でも電波が繋がりやすいです。

ネクストモバイル(NEXT mobile)とWiMAXを比較2:山間部での繋がり

山間部は、 WiMAX 2+の基地局自体が整備されていないエリアがほとんどです。旧WiMAXの頃と比べると、山間部のほうのエリアも拡大してきていますが、それでも平地と比べると整備に多大なコストがかかります。

その為、現状ではWiMAXは山間部では圏外になりやすいです。

ネクストモバイルのLTEはプラチナバンドと呼ばれる900MHzの電波は低周波数なので障害物を回り込みやすく、屋内や山間部でも繋がりやすいという特徴があります。

ネクストモバイルは山間部のような、簡単に電柱立てて配線できないような場所も、LTEエリア化が進められているので繋がりやすいです。