UQ WiMAXのエリアは?

UQ WiMAXのWiMAX 2+の人口カバー率はWiMAXを超えており、WiMAXがカバーしていなかったエリアもカバーしています。

人口カバー率99%以上を達成していますので、基本的には日本全国ほぼすべての地域で使う事ができます。

ただ、サービスエリア内でも電波が伝わりにくい場所(屋内、車中、地下、トンネル内、ビルの陰、山間部など)では、 通信できなかったり通信速度が低下する場合があります。

また、高層ビル・マンションなどの高層階で 見晴らしのよい場所であってもご使用になれない場合があります。

UQ WiMAXのエリア判定は何の為にある?

WiMAXが自分の使う予定の自宅や会社や外出先のエリアで使えるかをエリア判定でUQ Wimaxを契約する前に確認することができます。

これは、WiMAXを契約しても、エリア外で使えなかったということを未然に防ぐことができます。使えるエリアと分かって契約するのと、使えるかどうか分からないエリアとして契約するのとでは、わけが違います。

WiMAX契約後も、「つながらない」「圏外になった」などとパニックになる前に、まずは、あなたがWiMAXを利用している場所は圏内かどうかをエリア判定で確かめる必要があります。

エリア外で圏外なのか、電波の入り具合が悪いのか、端末が粗悪品なのか、など見分けをつけていくことができるのです。

WiMAX2+の特徴

日本で携帯電話の通信に使われる電波の周波数はおおよそ700MHz~3GHzです。このうちより多くの機種で使われるのは700~2GHzの範囲です。

WiMAX2+で主に使用される電波の周波数は2.5GHzです。比較すると周波数は高いものが使われていますね。

スマートフォンなど、通信に使われる電波は、周波数が高いほど直進性・反射性が強まり、周波数が低いほど拡散性・透過性が強まるという特性を持ちます。

データ通信では、電波の周波数が高ければ高いほど直進性が強くなり、通信速度が速くなります。その為、WiMAXはスマホの速度よりも圧倒的に速いです。

通信速度が速くても直進性が高いことで、電波が屈折することなく、真っ直ぐに届くので障害物を避けながら電波を送るのが苦手です。

そのような性質から、高周波数帯の電波は建物内や大きなビルの近くといった場所では、電波が障害物に反射してしまい届きにくくなります。また、雨や雪にも電波が反射して、弱くなる傾向があります。

その点、低周波数は直進性が弱く、障害物があるときに、回り込んで電波が届く性質があるので、建物内でも比較的つながりやすいのです。

UQ WiMAXエリア確認方法

>UQ WiMAXエリア確認はこちら

エリアマップを調べたい地域を選択します。

ピンク色に染まっている部分が、「WiMAX2+」のエリア内です。

赤色に染まっている部分は「LTE」のエリア内です。

ピンポイントエリア判定とは?

ご自宅やオフィス等、ピンポイントの住所を入力すると「○」「△」「×」で電波状況の目安を表示するサービスです。

ご自宅やオフィス等、特定の場所のサービスエリアを『○△X』でエリア判定いたします。

新設の住所、無番地、字名が無い場合など、一部の住所で検索できない場合があります。正式住所の他に通称がある場合は、通称での検索もお試しください。

判定結果が「○」であっても、電波が伝わりにくい場所(屋内、地下、ビルの陰など)では、通信できなかったり、通信速度が低下する場合があります。

注意

サービスエリア表示、ピンポイント判定結果は、該当住所付近の地上屋外に関して、UQWiMAXが独自にシミュレーションした結果に基づくものです。地下、建物内などの利用場所により、通信しにくい場所や圏外となる場合があります。

判定が「〇」の場合

判定が◯の場合は、基本的に問題なく使用できるということです。

ただし判定が〇であっても、通信できない場所があります。その際に、判定〇で使えないとの理由でWiMAXをクーリングオフすることはできません。

UQ WiMAXは一度契約してしまうと、判定が◯であっても通信ができなかったという理由で解約すると自己都合扱いで、1~13ヶ月目は19000円の解約金が発生します。

判定が〇で本当に使えるかどうかは、UQ WiMAXで「Try WiMAX」というWiMAXの無料レンタルサービスを行っているので試すしかありません。

エリア判定が「△」の場合

判定が「△」の場合は、問題なく使えるかどうか分からないため通信の保証がされていないエリアです。通信ができるかもしれないし、できないかもしれないと微妙な位置にあります。

曖昧な場所となりますので、通信は最悪できない場所という風にとらえると良いでしょう。

エリア判定が「✕」の場合

エリア判定が「✕」の場合は、WiMAXを使用することができません。WiMAXは使用できなくても、au 4G LTEには繋がるケースがあります。

その為、「Try WiMAX」ではau 4G LTEに対応しているW05を選び、WiMAXのエリア外ではau 4G LTEを試していきましょう。au 4G LTEが使えるなら通信モードを切り替えれば、使うことができます。

ただし、au 4G LTEはギガ放題、通常プランにかかわらず月間7GBと容量に上限があり限られています。WiMAXエリア外でもau 4G LTEで月間7GBまでは一時凌ぎできますが、それ以上の容量を使うとなると厳しくなります。

ピンポイントエリア判定する方法

>UQ WiMAXエリア確認をクリックします。

ピンポイントエリア判定をクリックします。

「宮城県大崎市岩出山字磯田舘下16 付近」の地域は、WiMAX 2+は現在エリア外です。

「東京都足立区青井5丁目8-8 付近」の地域は、WiMAX 2+の判定は〇で利用できます。

この様に、細かい住所番地を入力し、電波が届くか届かないかを知ることができます。これを使うことによって、自分が住んでいる場所や使う予定の場所などの電波状況を分かった上で契約することができます。

UQ Wimaxエリア拡大予定とは?

順次拡大予定のサービスエリアは計画であり、サービス開始時期対象地域などが実際とは異なる場合があります。

UQ Wimaxのサービスエリアは順次拡大予定です。3番目の色に染まった地域が、拡大予定エリアです。

UQ WiMAXのエリア判定が「〇」なのになぜ圏外になる?

いつも利用できていたエリアでも突然圏外になることが稀にあります。それは基地局のメンテナンス中など、根本的な原因からWiMAX電波の特性にいたるまで理由はさまざまです。

WiMAXの電波は基本「まっすぐに進む」という特性があります。その為、鉄筋コンクリートでできた大きなビルの陰に電波が回り込んで届くのは難しいのです。

そんな特性から、圏外になったときは基地局とあなたとの間に障害物がある可能性が高いので、いろいろと場所を移動してみることが重要です。

置く場所を数センチ移動させただけで、電波が弱から強になったりしますので窓際に置く、できるだけ高いところに置く、ルーターの周りを物で覆わない、など対策は複数あります。

また他の電波の干渉を受けやすく、マンションなどの集合住宅やカフェなどスマホを使う方が多い場所では繋がりにくいことも多いです。

そんな時は、WiMAXで使う電波の設定を変更すると解決することがあります。

初期設定の2.4GHzは電子レンジなど様々な製品で使われている上に利用者も多いため、もう一つ利用可能な 5.0GHzに変更すると、干渉を受けにくくなります。

設定の変更は、機器のタッチメニューから簡単にできます。

2.4GHz帯域の特徴

長所

・壁や床などの障害物に強く、電波が遠くまで届きやすい。
 ・各Wi-Fi端末が対応している。

短所

・色々な製品で使用されている無線帯域なので、混雑や不安定になりやすいです。
  (アパート、マンション等だと他の部屋からの電波の影響を受ける事もあります)

5GHz帯域の特徴

長所

・基本的にルーター以外で使用されない帯域なので、非常に繋がりやすく安定 しています。
 ・2.4GHzと比較してより、高速な通信 が可能です。

短所

・2.4GHzと比較して壁や床などの障害物に弱く、通信距離が長くなると電波が弱くなります。
 ・旧世代のWi-Fi端末の場合、5GHzに対応していない場合があります。