WiMAX契約

WiMAXはデビットカードで契約できる?審査は厳しい?

デビットカードとは

デビットカードとは、ショッピングやご飲食時の支払にご利用いただけるカードのことです。クレジットカードとは異なり、口座から即時引き落としされるのが特長です。

クレジットカードと異る点としては、クレジットカードの場合はカード利用後の翌月や翌々月に購入した代金が引き落としされますが、デビットカードの場合は商品を購入したら直ぐに銀行口座からお金の引き落としが行われます。

銀行の残高以上の決済ができないという点から、お金の管理がしやすく、クレジットカードのように使いすぎてしまう、という心配もありません。

また、クレジットカードのように後払いではないので、発行にかかる審査がありません。

そのため、支払事故を起こしてしまいクレジットカードが発行できなくなってしまった方や、収入のない方でも持つことができます。

他にも、カードを取得できる年齢が15歳以上とクレジットカードよりも年齢が低く設定されていますので、未成年でも作成できます。

デビットカードが使えるWiMAXがあるか一つ一つ整理

UQ WiMAX

「クレジットカード」、「口座振替」からお選びいただけます。

ご利用料金は株式会社ファミリーネット・ジャパンに債権譲渡し、お客様には株式会社ファミリーネット・ジャパンよりご請求させていただきます。

UQ WiMAXでは、「クレジットカード」と「口座振替」のみで、デビットカードには対応しておりません。

GMOとくとくBB

お支払い方法は『クレジットカード払い』のみとなっております。

GMOとくとくBBでは、「口座振替」は未対応の「クレジットカード」のみでデビットカードには対応しておりません。

So-net WiMAX

お申し込みには、クレジットカードが必要となります。有効なカードをお手元にご用意ください。

So-net WiMAXでは、「口座振替」は未対応の「クレジットカード」のみでデビットカードには対応しておりません。

@nifty WiMAX

@niftyご利用料金のお支払いは、「クレジットカード決済」または「口座振替決済」の2種類のお支払い方法からお選びいただけます。

※@nifty WiMAXのみをご利用のお客様は、口座振替決済への変更はできません。
デビットカード、海外発行のクレジットカードにつきましては、ご登録いただけない場合があります。

@nifty WiMAXでは、基本的には「口座振替」は未対応の「クレジットカード」のみです。

使えるデビットカードは明記されていませんが「ご登録いただけない場合がある」と使える意味を匂わせていますので、登録できるデビットカードがあるということです。

全部禁止だったら「ご使用いただけません」と記載されるはずなので、@nifty WiMAXでは使えるデビットカードこそ明記していないもののデビットカードは使えるということです。

BIGLOBE WiMAX

はじめてBIGLOBEでお支払い方法を登録する場合、クレジットカード、口座振替の2種類があります。

BIGLOBE WiMAXでは「クレジットカード」と「口座振替」のみで、デビットカードには対応しておりません。

Broad WiMAX

お支払い方法を登録する場合、クレジットカード、口座振替の2種類があります。

Broad WiMAXでは、「クレジットカード」と「口座振替」のみで、デビットカードには対応しておりません。

楽天ブロードバンドWiMAX

ご本人名義の以下のクレジットカードをご利用いただけます。

Visa / Master / JCB / American Express / Diners Club
※楽天銀行、スルガ銀行のデビットカード以外のデビットカードではご登録いただけません。

楽天ブロードバンドWiMAXでは、基本的に「口座振替」は未対応の「クレジットカード」のみです。

デビットカードは、楽天銀行、スルガ銀行のデビットカードは使えることを示唆する記載があります。

デビットカードが使えるかは曖昧なプロバイダが多い

WiMAXプロバイダの支払方法を確認するといずれも「クレジットカード」という表記を使っています。

楽天ブロードバンドのようにデビットカードについて何が使えるか明記しているケースは稀で、ほとんどのプロバイダはデビットカードが使えるかどうかも明記していませんし、何のデビットカードが使えるかも明記してません。

このため、公式サイトの情報だけではデビットカードが使えるかは不透明ですので、直接問い合わせるのが一番です。

デビットカードが使えるWiMAXプロバイダは少ない

デビットカードに対応しているWiMAXプロバイダは少ないです。そもそもデビットカードは、お金が引き落とされる仕組みが口座振替と同じようなものですので、口座振替に対応していないプロバイダはデビットカードは完全に使えないでしょう。

デビッドカードは、自分の銀行口座にあるお金を引き出さなくても、デビッドカードを持っているだけで口座のお金を使うことができるカードです。

クレジットカードと違い、今現在お金がなくても支払えるわけではありません。そのためWiMAXの支払いにおいて、口座振替と比較してもデビッドカードでの支払いメリットがありません。

口座振替はWiMAXプロバイダが銀行口座から引き落としてくれますが、デビットカードは届いた請求書をデビッドカードで支払う必要があり面倒です。

デビットカードを希望する人は、「クレジットカードは持っていない」人が大半で、「クレジットカードのみ」に対応しているプロバイダでどうにか契約できないかを模索しているようです。

しかし、デビットカードがどこも使えない以上は、クレジットカードを持っていない方は、口座振替が可能なプロバイダを選びましょう。

WiMAXでデビットカードの支払いができないプロバイダが多い理由

人件費が削減できる

WiMAXの支払い方法が「クレジットカード」「口座振替」と増えると、会社としては、手間・時間・人件費が余計にかかってきます。

逆に支払い方法が減ると、そこに回していた人員を他の部門に割り当てることができるので、手間も省けて、人件費も削減できます。

デビットカードは利用の度に紐付けられた金融機関の銀行口座から引き落とす決済方法です。

そのため、口座残高が不足していると決済処理ができず、口座引落としをかけたプロバイダ側が契約者に引き落としができなかった事実を連絡し、別の決済方法についての案内を行わなくてはならず、支払いの都度手間がかかります。

つまり、デビットカードという決済方法を許可することは、プロバイダにとっては人件費やシステム維持費などの手間を増やすので、何のメリットもありません。

少しでもコストがかかる作業を省いて安価で良質のサービスを提供しなくてはならないプロバイダにとって、手間のかかるデビットカードは排除したいのです。

そういう理由もあり、デビットカードが一部使えたとしても、明確に明記せずに、下の欄で小さく記載して目立たない様にしています。

WiMAXの認知度が上がった

現在のWiMAXの契約者数は2,500万人を突破しています。これだけの契約者数がいて認知度が上がった以上は支払い方法を増やしてまでお客様獲得をする必要はありません。

WiMAXの知名度が低かった時は、クレジットカードや銀行口座振替だけでなくデビットカードでも決済できるということを示すしたプロバイダもありました。それは紛れもなく利用者の範囲を広げて契約者数を増加させたい狙いがあったからです。

しかし、モバイルルーターやWiMAXの知名度が充分に高まっている現在において、デビットカード等の手間のかかる決済方法を採用し続けることは、WiMAXのプロバイダにとってデメリット以外の何物でもないのです。

認知度が上がれば必然的に、支払い方法を減らしてもお客様獲得には困らないのです。

WiMAXにデビットカードで申し込むメリット

審査の手間がない

クレジットカードを持っていない人は新しくクレジットカードを作成するまでに時間も掛かるし審査に通るかも分かりません。

クレジットカードはカード会社に「立て替え」が発生するから審査が厳しいです。クレジットカードで支払いが起きたら、加盟店にクレジットカード会社が立て替えて利用した金額を支払います。

その後、1ヶ月~2か月後にクレジットカードに登録された引き落とし口座から引き落とされて、クレジットカード会社に入金されるので、信用のある人しかクレジットカードを作成できません。

それに対してデビットカードは、利用した瞬間に引き落とし口座から残高が引き落とされます。残高不足であれば決済が完了しません。つまり、カード会社の「立替」が発生しないので審査がありません。

デビットカードなら審査なしですぐに発行できるため、WiMAXの契約にも使いやすいのです。

口座引落のように手続きが面倒ではない

口座引落の設定は手続きがやや複雑になります。書類を手書きすることがプロバイダが多く、銀行に登録している印鑑も押さなければなりません。

特に印鑑が見当たらない場合は、口座を持っていても引き落とし設定ができません。銀行に行って登録印の変更手続きから始めなければいけないのです。

このような時、デビットカードだったらすぐに発行して契約に使えます。

WiMAXキャッシュバック額は一番多いプロバイダです。W05を2年契約でも32300円キャッシュバックされるので3年の長期より2年の短期でキャッシュバックが欲しい人に向いています。 キャッシュバック特典は、端末発送月を含む11ヶ月目に基本メールアドレス宛にキャッシュバック特典の振込に関するご指定口座確認のご案内メールを送信し、ご返信があった翌月末日(営業日)にご指定の口座に振り込みとなります。
詳細ページ公式ページ
最大30,000円キャッシュバックキャンペーンと月額大幅割引きのキャンペーン内容を実施中です。 口座振替の場合もキャッシュバック対象ですが、15,000円のキャッシュバックと少なくなりますが6ヶ月目で貰えるので早いのは魅力的です。 BIGLOBE WiMAXは、1996年というインターネットがそれほど普及していない時代からネット通信事業を始めた老舗中の老舗で安心感から支持されています。
詳細ページ公式ページ
Flat 3年ギガ放題またはWiMAX 2+ Flat 3年をお申し込みの方のいずれかにお申し込みいただき、お申し込み時にご購入いただいた@nifty WiMAX(ワイマックス)対応機器が発送された方には機器発送月を含む5カ月目にキャッシュバックお受け取りできます。 3年契約限定ですが、5ヶ月目と早く30100円のキャッシュバックが受け取れるのが最大の魅力です。
公式ページ