WiMAX端末

WiMAXのSIMカードはmicroSIMとnanoSIMと端末により違う?WX04からW05に機種変更可能?

WiMAXのSIMカードは全機種で使えない

初代WiMAX 2+ルーター「Wi-Fi WALKER WiMAX2+ HWD14」以来、全てのWiMAX 2+ルーターは「au micro IC Card(LTE)」というmicroSIMカードを使っていました。

そのため、このSIMカードは全てのWiMAX 2+ルーターで融通できました。例えば、自宅ではホームルーターにSIMカードを使い、外出先ではモバイルルーターにSIMカードを使いといったふうに、1枚のSIMカードを使い分けることができました。

しかし、SIMカードのサイズ変更によって、「WX04」「L01s」「W05」では従来のSIMカードを融通できなくなりました。また、逆に「WX04」「L01s」「W05」で使われているSIMカード「au Nano IC Card 04 LE U」は、「WX03」「L01」「W04」などの機種で使うことができません。

microSIMカードとnanoSIMカードの違いなら、SIMカードアダプターを使えば使えるのではと思いがちですが、それもできません。

今後、WiMAXで発売される機種はnanoSIMカード対応が主流となるでしょう。

au Nano IC Card 04 LEとは?

「au Nano IC Card 04 LE U」は、最近のauタブレット、ケータイ、新型iPhoneなどで使われているSIMカードです。今までの3G+LTEのSIMカードではなく、VoLTE系のSIMカード(3Gを排除したSIM)カードです。

これは今までのSIMカードである「au Micro IC Card (LTE)」とは 互換性がありません。

auでは 既に3G通信するスマホ、ケータイは発売されていません。今後発売されるWiMAX機種は全て『au Nano IC Card 04 LE U』になることでしょう。

nanoSIMの概要

nanoSIMとは、契約者情報や認証情報などを記録するUIMカードを小型化したもので、microSIMよりもさらに小さいICカードのことです。

SIMカードの小型化は、携帯電話内部にある、SIMカードスロットが占める容積を削減できることに繋がり、より小さな筐体でも部品を詰め込んだり、あるいは、同じサイズの携帯電話でもより多くの機能を詰め込んだりできるようになるため、メーカーからは歓迎される新規格と言えるでしょう。

欧州の携帯電話の標準規格を定める団体ETSIにより、2012年6月に規格が策定されました。

サイズは8.8×12.3×0.67mmで、microSIMの12×15×0.76mmと比べて面積が約40%小さく、厚みも0.09mm削減されている。機能は標準SIM、microSIMと同等であり、スマートフォンなどの携帯端末やモバイルルーターのような通信端末に装着することで、通話やデータ通信を行えます。

アップル社のiPhone 5以降の機種やiPad mini、iPad AirシリーズでnanoSIMが採用されています。また、microSIMが採用されることが多かったAndroidスマートフォンでも、Xperia Z3をはじめとしてnanoSIMの採用が進んでいます。

今後の主流はnanoSIMであることは間違いありません。

WX04からW05に機種変更可能?

「WX04」を購入したものの、「接続が頻繁に途切れる」「圏外になり電波が入らない」などで使い物にならない場合は、機種変更を検討します。

仮に「W05」をオークションで購入して、WX04の購入で届いたSIMカードを差し替えて使えるかと言えば使えます。

「WX04」と「W05」はnanoSIMカードですので、SIMカードを差し替えれば手続きなしで利用が可能です。ただし、PC、スマホ、タブレッドに接続する際のSSIDの名前とパスワードは変更されます。

WiMAX端末はSIMフリーとなっているので、手軽にSIMカードを差し替えて使える点が便利です。

WX03、W04からW05は同じSIMカードで使える?

WX03とW04のSIMカードは「au micro IC Card(LTE)」です。これは、W05のSIMカード「au Nano IC Card 04 LE U」と相互性がない為、使えません。

仮にWX03を使っていて、オークションでW05を購入しSIMカードを差し替えたとしてもサイズが違い入れることもできませんし、そもそもW05端末が認識すらしません。

microSIMとnanoSIMは、大きさが異なります。nano SIMからmicro SIMへの変換はアダプターがあれば可能ですが、逆はできません。

W05を使いたい場合は、「au Nano IC Card 04 LE U」にSIMカード交換する必要があります。

WiMAXのSIMカード差し替えは心配なし?

WiMAXの現在の最新機種は、「WX04」「L01s」「W05」の3つです。この3つのいずれかを使うことになるので、古い機種の「WX03」「L01」「W04」を使う意味はありません。

その為、「WX04」「L01s」「W05」で使えるnanoSIMカードを持っていれば、今後出てくる最新機種でもSIMカードを差し替えて使えるということになります。

WiMAXキャッシュバック額は一番多いプロバイダです。W05を2年契約でも32300円キャッシュバックされるので3年の長期より2年の短期でキャッシュバックが欲しい人に向いています。 キャッシュバック特典は、端末発送月を含む11ヶ月目に基本メールアドレス宛にキャッシュバック特典の振込に関するご指定口座確認のご案内メールを送信し、ご返信があった翌月末日(営業日)にご指定の口座に振り込みとなります。
詳細ページ公式ページ
最大30,000円キャッシュバックキャンペーンと月額大幅割引きのキャンペーン内容を実施中です。 口座振替の場合もキャッシュバック対象ですが、15,000円のキャッシュバックと少なくなりますが6ヶ月目で貰えるので早いのは魅力的です。 BIGLOBE WiMAXは、1996年というインターネットがそれほど普及していない時代からネット通信事業を始めた老舗中の老舗で安心感から支持されています。
詳細ページ公式ページ
Flat 3年ギガ放題またはWiMAX 2+ Flat 3年をお申し込みの方のいずれかにお申し込みいただき、お申し込み時にご購入いただいた@nifty WiMAX(ワイマックス)対応機器が発送された方には機器発送月を含む5カ月目にキャッシュバックお受け取りできます。 3年契約限定ですが、5ヶ月目と早く30100円のキャッシュバックが受け取れるのが最大の魅力です。
公式ページ