WiMAX

WiMAXでLINEの通話機能電話やメールは使える?

WiMAXでLINEの通話機能は使える?

WiMAXでLINEの通話機能は使うことができます。ただし、通信エリア内限定です。現在のWiMAXの電波は、山間部やトンネルや地下など以外は、殆どの場所で利用することが可能ですのでエリア的には問題ないでしょう。

LINEの「メッセージ機能」「画像の送付」「スタンプの送信」「無料通話」「ビデオ通話」の利用料金が一切掛からないのはインターネット接続環境で利用するからです。

WiMAXは、インターネットを繋ぐ機器ですから、LINEの全ての機能は完全に使えるということになります。

WiMAXでLINE新規登録はできる?

LINEの新規登録認証は、「電話番号」「SMS」「Facebook」で可能です。

WiMAXでスマホにインターネット接続しながら、通話機能のついたスマホでLINEの新規登録が可能です。ただし、「電話番号」「SMS」に関しては、通話機能つきプランを選ぶ必要があります。

データ専用プランの場合は、Facebookで登録するしかありません。

LINE電話のデータ通信量(ギガ)はどれくらい?

LINEの電話やメールなどどれだけ使っても無料ですが、データ容量は消費します。WiMAXのギガ放題プランであれば月間データ容量無制限ですが、3日で10GBまでという制限はありますので、事実上は3日で10GB以内の範囲で利用する必要があります。

またLINEは、受信でもデータ量を消費します。相手からメールや電話が来た場合でもデータ消費はします。これが一般通話だと受信した側は料金がかかりませんので勘違いしやすいです。

LINEサービスのパケット通信量

メールのテキストメッセージ 約2KB
スタンプ 約5KB
画像の送付 約150KB~1MB
音声通話 1分0.3MB 1時間18MB
ビデオ通話 1分5MB 1時間300MB

データの単位

  • 1000KB(キロバイト)= 1MB(メガバイト)
  • 1000MB = 1GB(ギガバイト)

LINEのデータ容量の減り具合は、微々たるものですので、データ容量を気にすることは全くありません。

LINE電話は、以下くらいのデータ通信量を使います。

  • 音声通話で1分あたり0.3MB(メガ)=0.0003GB(ギガ)
  • ビデオ通話で1分あたり3MB(メガ)=0.003GB(ギガ)

1GB(ギガ)あたりで計算した場合

  • 音声通話で55時間33分
  • ビデオ通話5時間33分

1GBで55時間も通話できるので、データ容量的には余裕があります。WiMAXのギガ放題プランなら、3日で10GB以内は使えるので、足りないことはないです。

WiMAXの通常プランでも月間7GBまで使えるので、十分と言えるでしょう。

時間ごとのデータ通信量(ギガ)

時間 音声通話 ビデオ通話
1分 0.3MB(メガ)=0.0003GB(ギガ) 3MB(メガ)=0.003GB(ギガ)
5分 1.5MB(メガ)=0.0015GB(ギガ) 15MB(メガ)=0.015GB(ギガ)
10分 3MB(メガ)=0.003GB(ギガ) 30MB(メガ)=0.03GB(ギガ)
20分 6MB(メガ)=0.006GB(ギガ) 60MB(メガ)=0.06GB(ギガ)
30分 9MB(メガ)=0.009GB(ギガ) 90MB(メガ)=0.09GB(ギガ)
1時間 18MB(メガ)=0.018GB(ギガ) 180MB(メガ)=0.18GB(ギガ)

データ通信量(ギガ)あたりの通話時間

データ通信量 音声通話 ビデオ通話
1MB(メガ)=0.001GB(ギガ) 3分20秒 20秒
10MB(メガ)=0.01GB(ギガ) 33分20秒 3分20秒
100MB(メガ)=0.1GB(ギガ) 5時間33分 33分20秒
1GB(ギガ) 55時間33分 5時間33分


1GBのデータ通信量でどれくらいLINEが使えるか

1回分 1GB
トーク
(文字だけ)
2KB / 回 50万回
スタンプ 5~10KB / 回 20~40万回
画像送受信
(低画質)
300KB / 枚 3500枚
画像送受信
(オリジナル画質)
2~4MB / 枚 250~500枚
無料通話 300KB / 分 55時間
ビデオ通話 5MB / 分 3時間

LINEのデータ消費しないように設定するには?

LINEでデータ通信量を大きく消費してしまうのは写真や動画の送受信、動画の再生です。これらを頻繁に使う場合は、データ消費が激しいのでご注意下さい。

  • 写真と動画の設定を見直してデータ通信量を節約する
  • LINE の[その他]>歯車アイコンの[設定]>[写真と動画]の順にタップしますと、[写真と動画]では[送信する写真の品質][写真を自動ダウンロード][動画自動再生]の3つの設定項目が表示されます。

  • 送信する写真の品質
  • [送信する写真の品質]では[標準]か[低画質]を選択します。[高画質]だと綺麗な写真を送ることができますが、その分データ通信量を消費することになります。写真を何度も送る方で通信量が消費を抑えたいなら[低画質]を選択しましょう。

  • 写真を自動ダウンロード
  • [写真を自動ダウンロード]はチェックが入っていると、Wi-Fi環境でなくてもトークの写真やスタンプを自動でダウンロードしてしまいます。チェックを外すことでデータ消費を抑えます。

  • 動画自動再生
  • [動画自動再生]は[Wi-Fiのみ]か[自動再生しない]を選択します。いつも自動再生されてしまうと、タイムラインで流れてくる広告動画であっても再生されてデータ通信量を消費してしまいます。

  • ニュースタブを削除
  • LINEではニュースが観覧できるようになっていますが、このニュースは開くだけで各ニュースのサムネイル画像などのデータを読み込んでしまいます。

    非表示にするには、[その他]>歯車アイコンの[設定]>[通話]を開いてください。[通話/ニュースタブ表示]をタップします。

    [ニュース]になっていれば[通話]にチェックを入れましょう。「通話タブに変更すると、LINEが再起動されます。変更しますか?」という注意が表示されますので[変更]をタップしてください。

    これで今までニュースが表示されていた所が電話のアイコンに変わり、通話の履歴などが表示されます。

写真と動画の設定を見直してデータ通信量を節約する
まずは LINE の[その他]>歯車アイコンの[設定]>[写真と動画]の順にタップしていってください。

WiMAXでLINE最大の弱点は?

WiMAXは通信速度が速い一方で、LTEと比較して通信可能エリアは狭いです。そのため、LTEと比較すると「圏外」になるケースが多くなります。

ただそれはLTEオプションを利用することで、WiMAXの圏外になる場所で自動的にLTEの通信に切り替えるというサービスによってカバーできます。

もちろん、LTEでも圏外の場所では利用することができませんが、WiMAXだけでなくLTEの通信可能エリアも含めて運用することができるので、利便性は高まりますし、格安SIMやキャリアとの大差がなくなります。

LTEオプションは利用した月で月額1,000円ほど必要になりますが、こちらは3年契約プランを選択することで無料で利用することができます。

3年契約にすれば無料なので料金は問題ないです。しかし、LTEの利用はギガ放題、通常プランにかかわらず月間7GBまでです。それでも、LINEはデータ容量をあまり消費しないので、そこまでデータ消費に影響はないでしょう。

WiMAXでLINE通話は途切れたりしない?

通信速度の遅い格安SIMですと、LINE通話の途中で接続が何度も途切れてしまうことがあります。

それに対して、WiMAXは通信速度がLTEに比べて速いです。通信速度が足りなくて通話が切れたりすることはありません。

ただ、WiMAX端末の選び方によっては途切れやすくなります。WX04は、「電波がつかみにくい」「何度も途切れる」特徴があり、WX04でLINE通話をした場合は、途中で途切れる可能性があります。

しかしそれは、W05など評判の良い端末を利用することで途切れる心配は解消するでしょう。

とにかく安くLINEを使いたい場合は?

LINEだけの使い方をするのなら、LINEモバイルのフリープラン月額500円で十分です。

このプランは、LINEアプリの通話・トークが使い放題です。データ容量が月間1GBありますので、十分な容量と言えます。

このカウントフリープランの対象は、LINEのみしか使えませんが1GBあればこれだけ使えます。

  • テキストメール (300文字):約66,000回
  • ホームページ (300KB):約3,300回
  • YouTube (360P)約4MB:約4時間

それに、LINEモバイルはLINEのアプリを使ったデータ通信量をカウントしないカウントフリー機能があるため、LINEで通話やビデオ通話、写真や動画を送受信などをしても全く消費しません。

このようなカウントフリーを採用している格安SIMはLINEモバイルだけです。月額500円でLINEが使い放題となるなら最強と言えるでしょう。

WiMAXは最低でも月額2726円しますから、LINEだけしか使わないのなら、WiMAXよりも格安SIMなどが妥当で最低限の料金で済みます。

WiMAXでLINEが使える条件とは?

WiMAX端末の電源を入れておくこと

WiMAXでLINEが使えるといっても、WiMAX端末の電源を切った状態ではLINEは使えません。

LINEはネットに接続された状態でないと使えませんので、WiMAX端末の電源をONにする必要があります。また、WiMAX端末のバッテリーが少ない場合は、バッテリー切れとなるタイミングでLINEも使えなくなりますので、ご注意下さい。

WiMAX通信エリア外ではLINEは使えない

WiMAXの電源をONにしても、バッテリーが満タンでも、アンテナが1本も立たず圏外となる場所では、ネット接続できていませんので、LINEが使えません。

WiMAXは通信できるエリアが決まっています。通信エリア外では、電波が入らないのでLINEを利用することができません。

WiMAXキャッシュバック額は一番多いプロバイダです。W05を2年契約でも32300円キャッシュバックされるので3年の長期より2年の短期でキャッシュバックが欲しい人に向いています。 キャッシュバック特典は、端末発送月を含む11ヶ月目に基本メールアドレス宛にキャッシュバック特典の振込に関するご指定口座確認のご案内メールを送信し、ご返信があった翌月末日(営業日)にご指定の口座に振り込みとなります。
詳細ページ公式ページ
最大30,000円キャッシュバックキャンペーンと月額大幅割引きのキャンペーン内容を実施中です。 口座振替の場合もキャッシュバック対象ですが、15,000円のキャッシュバックと少なくなりますが6ヶ月目で貰えるので早いのは魅力的です。 BIGLOBE WiMAXは、1996年というインターネットがそれほど普及していない時代からネット通信事業を始めた老舗中の老舗で安心感から支持されています。
詳細ページ公式ページ
Flat 3年ギガ放題またはWiMAX 2+ Flat 3年をお申し込みの方のいずれかにお申し込みいただき、お申し込み時にご購入いただいた@nifty WiMAX(ワイマックス)対応機器が発送された方には機器発送月を含む5カ月目にキャッシュバックお受け取りできます。 3年契約限定ですが、5ヶ月目と早く30100円のキャッシュバックが受け取れるのが最大の魅力です。
公式ページ